33歳、三ツ星シェフの目標設定術

33歳、三ツ星シェフの目標設定術

岸田周三(レストラン カンテサンスシェフ)

      

(『致知』2008年9月号 特集「不撓不屈」より)

母が料理好きでしたから、
いつの間にか調理を手伝うようになっていましたね。

高校卒業後は迷わず料理の世界に入りまして、
最初に修業させていただいたのが、
三重の志摩観光ホテル「ラ・メール」でした。

有名な高橋忠之シェフの下で、4年間学ばせていただきました。

高橋シェフからは、いろいろな言葉をいただいたんですけど、
「30歳までに料理長になりなさいよ」と繰り返し
僕たちにおっしゃっていたのを覚えています。

実際、シェフご自身も30歳までに
料理長になった方なんですね。
この一言に僕は大きな刺激を受けまして、
30歳から逆算して自分の目標を設定したんです。

30歳でシェフになるには26歳でパリに行く。
26歳でパリに行くには24歳から語学を勉強する……。

「ラ・メール」では三重の特産である
伊勢エビやアワビを食材に使ったフレンチが
お客様に大変人気があるのですが、
僕はもっとベーシックなフレンチを
追求してみたいと思うようになっていました。

ただ一気にフランスには行けないので、
まずは日本で、と考えたんです。
休みのたびに上京し、東京のフレンチレストランの
料理を食べ歩くようになりました。

ある時、僕が理想とした伝統的なフレンチの店に出合い、
食事を終えたその場で

「ここで働かせてください」

とお願いしたことがあります。
もちろん、あっさり断られてしまいましたが、
何度もその店のシェフに電話をしたら、

「2か月後に欠員が出るので
 その時になったら面接してもいい」

と。僕が三重のホテルに
「2か月後に辞めます」と伝えたのは、
この返事を聞いてすぐでした。

採用が決まってもいない段階でしたが、
面接日には荷物をまとめ、引っ越し業者の方に
「住所は覚えていないので、明日連絡する」と伝えました。

やはり決意を貫くには自分を
とことん追い込むことが大切だと思います。

「いつかあんなことをしたい」という
漠然としたイメージだけでは、
いつまでたっても進展はないわけです。

大きな目標を持つと同時に、
ではその目標達成のために何をするかという
一歩先、二歩先のことが
明確にイメージできるようにすることが
必要なんじゃないかって思いますね。

◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

「人間力.com」は月刊誌『致知』より引用しています。

『致知』には毎号、心の琴線に触れる記事が満載です。
まだお読みでない方は、こちらからごお申し込みください。

「致知」購読の申し込みはこちら

毎月858円で、人間力が高まります。
 ※お気軽に 1年購読
 10,300円 (1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな 3年購読 
 27,800円 (1冊あたり772円/税・送料込み)
◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

毎日 配信中!「人間力メルマガ」

人間学を学ぶ「致知」のエッセンスをギュッと凝縮 読者数47,000人!!

特典1仕事や人生に役立つ記事が無料で読める!

特典2メルマガ会員限定のプレゼント企画もあり

特典3朝礼でのスピーチネタとして使える!

メルマガ配信の登録はこちら

携帯電話やスマートフォンのメールアドレスで登録をされる方は、「@chichi.co.jp」からのメールの受信ができるよう設定してください。 >設定方法はこちら

※ご登録前にお読みください。 読者登録規約 個人情報保護ポリシー ※解除はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする