デッドストックをゼロにするには?

デッドストックをゼロにするには?

森田直行(京セラコミュニケーションシステム社長)

      

(『致知』1997年5月号 特集「リーダーシップの本質」より)

よく稲盛からは、

「お前のルールは論理的には正しい。
 しかし、このルールでは人のやる気は出ない。
 やる気のない人間がいくら集まっても、
 会社は立派にならないじゃないか。
 いい方向に行かないな。それじゃだめだ」

と言われました。

ルールは論理的には正しいが、
メンタルな面でまちがっている、というんですね。

例えば、新製品が出ると、古い製品は売れなくなって
デッドストックになってしまいます。

そのデッドストックの処理について、
事業部からある提案が上がってきたんです。

デッドストックが出たときに、そのつど処理していたのでは、
採算計画が狂ってしまいます、

そこで月々どのくらいのデッドストックが出るかを計算して、
デッドストック処理のための経費を毎月積み立てておきたい、と。

で、デッドストックをその積み立て金で
相殺するという提案です。

私はなるほどそうだなと思いました。

そういう積み立て制度があったほうが、
確かに効率はいい。
で、案をつくって稲盛のところに持って行ったのです。

(記者:稲盛会長はなんと?)

ガツンとやられました(笑)。

「お前の案は論理的には正しい。
 しかし、これはメンタルではだめだ。

 そういうルールを認めてしまうと、
 デッドストックは出るものだとみんな思ってしまう。 
 そういう気持ちでみんなが働けば、
 デッドストックはいまよりもっと増えるぞ。
 
 デッドストックはゼロにしなければいけないんだ。
 そういう心をいつも持たせるような
 ルールをつくらなければだめだ」

なるほど、納得です。
グーの音も出るものではありません(笑)。

しかし、稲盛はなぜだめかを丁寧に教えてくれるんです。
その教えはいまの私にとって大きな財産になっています。

(記者:稲盛会長は、「大善は非情に似たり、小善は大悪に似たり」
 という言葉をよく使われますね)

このルールは小善なんですね。

私としてはみんなのためによかれと思って提案したのですが、
広い視野でみれば、このルールでは士気は下がるばかりです。
経営者とわれわれとの視野の違いを思い知らされました。

本当の士気というものは、つらいかもしれないが、
事実を真正面から受け止め、
それを乗り越えていこうとするときに生まれるんです。

大善を貫くには、ときには厳しいルールを
つくることも必要なのです。

◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

「人間力.com」は月刊誌『致知』より引用しています。

『致知』には毎号、心の琴線に触れる記事が満載です。
まだお読みでない方は、こちらからごお申し込みください。

「致知」購読の申し込みはこちら

毎月858円で、人間力が高まります。
 ※お気軽に 1年購読
 10,300円 (1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな 3年購読 
 27,800円 (1冊あたり772円/税・送料込み)
◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

v

毎日 配信中!「人間力メルマガ」

人間学を学ぶ「致知」のエッセンスをギュッと凝縮 読者数47,000人!!

特典1仕事や人生に役立つ記事が無料で読める!

特典2メルマガ会員限定のプレゼント企画もあり

特典3朝礼でのスピーチネタとして使える!

メルマガ配信の登録はこちら

携帯電話やスマートフォンのメールアドレスで登録をされる方は、「@chichi.co.jp」からのメールの受信ができるよう設定してください。 >設定方法はこちら

※ご登録前にお読みください。 読者登録規約 個人情報保護ポリシー ※解除はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする