売れる営業マンになるための7か条

売れる営業マンになるための7か条

加賀田晃(加賀田式セールス学校講師)

      

(『致知』2011年10月号 特集「人物を創る」より)

私は39歳でこの社員教育の仕事を思い立ったんですが、
始めるに際してパンフレットなどを作りました。

その時に改めて考えてみたんです。

なんで私はたまたま売れてきたのか、
なんで私の課はいつも一番であったのか。
そこで思い立ったのが次の七か条でした。

◎その第1が、営業のセオリーを教える、です。

ゴルフにはゴルフの、野球には野球の、
その他技術の伴う行為においては
必ずセオリーというものがありますよね。
その営業のセオリーを順序立ててまず教えます。

◎第2は、お客様と実際にお会いしてから、
 契約を終えるまでの一言一句のトーク、これを暗記させる。

ほとんどの営業マンはどんなにやる気があっても、
感じがよくても、いざお客様の前に行ったら、
頭が真っ白になって口ごもったり、
話を聞いてもらえませんかとか、
こんな商品に興味はございませんかとかだけを聞く
御用聞きになってしまう。

だから、実際の戦闘術であるトークを一言一句暗記させます。

◎そして第3に、暗記させたトークを
 何遍も何十遍も練習させます。

抑揚をつけ、感情を込めて、全身全霊を込めて話す。
そうすればアプローチからクロージングまで、
立て板に水を流すように、もうスラスラスラーッと話ができます。

◎そして第4、最後の仕上げは現場に同行します。

どのようにやるか?

私が「ごめんくださーい」と飛び込んで、
目の前で売ってみせるんです。

すると部下は、あぁ、いままで
自分が勉強してきたことと一緒だ。
喋っている内容も話し方もまったく一緒だと納得する。

そうしたら営業マンの、プロの、
あるいは永遠のスーパースターの一丁あがりです。

◎第5は、会社と上司を信頼させる。

私が何で17社かわってきたかといえば、
そのほとんどの原因は上司不信、会社不信でした。

◎第6は、絶えず夢を与える。

女性は現実的ですが、男は夢のためなら何でもする。
夢のない人にはとりあえず夢を決めさせます。
夢を持たせて、燃え立たせる。

◎そして最後は、喜びと恐怖を与える。

どんなにやる気があっても、夢があっても、
きょうはなんとなく朝から気持ちが弾まない。

頭じゃ分かっているけれども、
体が動かんということがある。
そこで私は部下に張り合いを持たせるんです。

張り合いとは何か。
その日頑張ることの喜び。
頑張らないことのデメリット(恐怖)を与える。

以上、7項目。振り返ってみると、
どうもこれが功を奏したんじゃないかなと思います。

◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

「人間力.com」は月刊誌『致知』より引用しています。

『致知』には毎号、心の琴線に触れる記事が満載です。
まだお読みでない方は、こちらからごお申し込みください。

「致知」購読の申し込みはこちら

毎月858円で、人間力が高まります。
 ※お気軽に 1年購読
 10,300円 (1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな 3年購読 
 27,800円 (1冊あたり772円/税・送料込み)
◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

毎日 配信中!「人間力メルマガ」

人間学を学ぶ「致知」のエッセンスをギュッと凝縮 読者数47,000人!!

特典1仕事や人生に役立つ記事が無料で読める!

特典2メルマガ会員限定のプレゼント企画もあり

特典3朝礼でのスピーチネタとして使える!

メルマガ配信の登録はこちら

携帯電話やスマートフォンのメールアドレスで登録をされる方は、「@chichi.co.jp」からのメールの受信ができるよう設定してください。 >設定方法はこちら

※ご登録前にお読みください。 読者登録規約 個人情報保護ポリシー ※解除はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする