人間の耳にはフタがない

人間の耳にはフタがない

北川憲司(札幌市円山動物園経営係長)

      

(『致知』2009年12月号 特集「志に生きる」より)

(全国初の自治体コールセンターなどできるわけがない、
 と周囲から言われながらも、信念を貫けた秘訣を聞かれて)

僕自身が凄くポジティブな人間なんですよ。
人を説得する際もそうですが、

「人間の耳にはフタがない」

というのが信念で(笑)。

たとえ相手がそっぽを向いて話を聞いていようが、
その人の耳には穴が開いていて、
僕の発した言葉は、
否応なく本人の脳味噌に届いている、と。

そしてきっと後で、
北川の言うことも一理あるかもしれない、
と思い出してくれるんじゃないかと信じているんです。

だから僕もそのつもりで言葉を発しているし、
それだけ覚悟をして仕事をする、ということですね。

* * * * * * * * * * * * 

口コミの法則と同じで、
同じ話を3人から聞いた時に、
初めて人の認識って変わるんです。

そして、2・6・2の割合の、
周りの状況によって左右される
6の部分を占めていた人たちが動き出す瞬間がある。

僕はこれを

「壁だったものがドアになる」

と呼んでいます。

壁になっている人……、
それは国の役人であるかもしれないし、
職場の上司かもしれない。
時には世論が壁になることもある。

でもそういうものが、ころっとチェンジして
味方になってくれた時に、
物事って大きく動くんですよ。

その過程が、仕事を成功させる上では
絶対に必要なんですよね。
だからそういう壁を開けてくれる人のことを、僕は

「キーマン」

と呼んでいます。

文字どおり、鍵を持った人。

それは最初に現われる時は、
敵であることが多いんです。

だからそういう人を、ちゃんと説得できるだけの
材料も用意しなければいけないし、
自分もそういう人たちに認められるくらい、
本気で動かなきゃいけないということだと思うんです。

◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

「人間力.com」は月刊誌『致知』より引用しています。

『致知』には毎号、心の琴線に触れる記事が満載です。
まだお読みでない方は、こちらからごお申し込みください。

「致知」購読の申し込みはこちら

毎月858円で、人間力が高まります。
 ※お気軽に 1年購読
 10,300円 (1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな 3年購読 
 27,800円 (1冊あたり772円/税・送料込み)
◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

毎日 配信中!「人間力メルマガ」

人間学を学ぶ「致知」のエッセンスをギュッと凝縮 読者数47,000人!!

特典1仕事や人生に役立つ記事が無料で読める!

特典2メルマガ会員限定のプレゼント企画もあり

特典3朝礼でのスピーチネタとして使える!

メルマガ配信の登録はこちら

携帯電話やスマートフォンのメールアドレスで登録をされる方は、「@chichi.co.jp」からのメールの受信ができるよう設定してください。 >設定方法はこちら

※ご登録前にお読みください。 読者登録規約 個人情報保護ポリシー ※解除はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする