江崎グリコと松下幸之助氏の感動秘話

江崎グリコと松下幸之助氏の感動秘話

城島慶次郎(サンパウロ学生会名誉会長)

     

(『致知』1993年11月号 「致知随想」より)

忘れ得ぬ人――なんといっても第一等は、
松下幸之助さんを措いて他はいない。

ブラジルで貿易商杜を経営、
また、在住の日本人会のことで、
政治家、外交官といった人々にも深い感銘を得たが、
松下さんから受けた印象は格別のものがあった。

「商売は必ず成功するものだ」

「経営は総合芸術である」

「一日一回しゃくに障る。
 これが肝心で、長生きする秘けつは適当に心配すること」。

 
独特のいい回しで数多くの語録を残す。
もう三十年近くも前になろうか、
京都・南禅寺にある別邸、真々庵(しんしんあん)に
私は松下幸之助さんを訪ねた。

ブラジルで松下製品を売り拡めたいから、
代理店にしてほしいというのが、私の願いだった。

実はその二年前、ブラジル4H協会の会長として、
当時、日本4H協会会長の松下さんに、東京でお目にかかっていた。
ブラジル日系青少年の人づくりのため、援助を仰いだのだ。

これで「松下幸之助賞」を設定したのだった――。

その真々庵は、庭に囲まれたしっとりした感じの住まいで、
会長室に通された。来意を告げると、松下さんの対応は早かった。

即座にデスクに設置されたホットラインを使って、

「いま城島さんがここに見えて、
 ブラジル代理店にしてほしい、といっておられる。
 城島さんからお話を聞いて善処してほしい」
 
 
と伝えた電話の相手は、松下電器貿易の社長であった。
このとき私は松下さんの温情をしみじみ感じた。

その後、訪問のたびに松下さんに挨拶にうかがった。

そんなある時、ブラジルのインフレが話題になって、

「今年は三十%を上回るでしょう」

と私がいった時、松下さんがびっくりされたことを思い出す。
次の日、日本経済新聞の社説にこの話が取り上げられていたのには、
こちらが驚かされた。

こんな松下さんを語るのに、
私の大好きなエピソードがある。

江崎グリコの創業者・江崎利一さんは、
松下さんよりちょうど一まわり上の
同じ午年(うまどし)である。

昭和十年頃、大阪に出てきてグリコを売り出すとともに、
広告を朝日新聞と毎日新聞に出した。

そうしたら朝日の広告部が、
熱海にスポンサーを招待したことがある。
そのときに、たまたま同席したのが松下さんであった。

お互いに業種は違っても、事業に対する信念、精神には
相通ずるものが多く、どちらも裸一貫から事業を興した
境遇が似ているせいか、非常に尊敬の念を覚え、
かつ意気投合したものである。

そして時折会って話を交わそうではないかということになった。
二人とも一文無しから商売をはじめたのだから
「文なし会」といつとはなしに名付けられた。

江崎さんは戦後間もなく長男をなくした。
あとを継がせるべく専務として育成中のことで、
江崎さんは失望落胆した。

すでに七十歳近くになり、孫はまだ幼い。
親類の人たちは

「もうこれ以上、事業は広めるべきではない。
 大阪だけでこぢんまり縮小した方がいい」

 
と忠告し、そうするようにすすめた。
どうしたものだろう、江崎さんは決断がしにくいので
松下さんに相談した。

このくだりは江崎さんの『商道ひとすじの記』に
感動的に書かれている。

「すると松下さんは

『江崎さん、今さら何をいうのか。
 ここまで営々と築きあげたグリコは
 もうあんた一人のものではない。

 日本のグリコだ。
 
 やりなさい。親類がどういおうとやりなさい。
 あんたがこれだけ広げたことはたいしたことだ。
 もう息子さんのことでくよくよしなさんな。

 よし私があんたのところの重役になろう。
 なんでも相談に乗ろう。
 
 あんたが死んで、あとうまくいかんようやったら、
 私がうちの若い者を引っぱってきて応援する。
 
 お孫さんのことは引き受けたから、
 あんたはいままで通り積極的にやってほしい。
 いやいっしょにやろうじゃないですか』
 
 
そういって力強く励まし、私の肩をゆさぶってくれた。
さすがの私も、このときばかりはなすすべもなく、
ただ男泣きに泣いた。

松下さんの友情はほんとうにうれしかった。
持つべきものはほんとうの友人だということを、
しみじみ感じた。

感動にうちふるえながら
私は松下さんのいうように長男の死を乗り越え、
事業の鬼になることを心に誓ったのである」

松下さんは、江崎さんの孫の勝久さん(現江崎グリコ社長)が
大学を卒業したとき、

「はじめから江崎グリコに入れると甘やかされるから
 一人前になるまでうちで鍛えてやる」
 
 
と、三年間預かって鍛えた。

また江崎グリコが株を公開すると、
さっそく株をもって、死ぬまで重役として応援しつづけた。

江崎さんと松下さんの交友は深く、友情というより、
切っても切れぬ人間的なつながりになっていた。

松下さんを盟友にもったことは、私の誇りであり、
心の財産だと、話されたこともある。

たかが子供の十銭菓子からグリコ王国を、
電気ソケットから世界一の家電王国を築いて
悔いなき生涯を終えたふたりは今、
あの世で熱海の湯につかりながら、
あれこれ話がはずんでいることだろう。

おふたりに受けた有形無形の深い感銘が温かく甦ってくる。

◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

「人間力.com」は月刊誌『致知』より引用しています。

『致知』には毎号、心の琴線に触れる記事が満載です。
まだお読みでない方は、こちらからごお申し込みください。

「致知」購読の申し込みはこちら

毎月858円で、人間力が高まります。
 ※お気軽に 1年購読
 10,300円 (1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな 3年購読 
 27,800円 (1冊あたり772円/税・送料込み)
◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

毎日 配信中!「人間力メルマガ」

人間学を学ぶ「致知」のエッセンスをギュッと凝縮 読者数47,000人!!

特典1仕事や人生に役立つ記事が無料で読める!

特典2メルマガ会員限定のプレゼント企画もあり

特典3朝礼でのスピーチネタとして使える!

メルマガ配信の登録はこちら

携帯電話やスマートフォンのメールアドレスで登録をされる方は、「@chichi.co.jp」からのメールの受信ができるよう設定してください。 >設定方法はこちら

※ご登録前にお読みください。 読者登録規約 個人情報保護ポリシー ※解除はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする