RSS FEED
※キーワードでサイト内の記事が検索できます

プロ経営者の条件

永守重信(日本電産社長)

     

(『致知』1999年7月号 特集「切に思うことは必ずとぐるなり」より)

(永守社長が考えるプロの経営者の条件とは? の質問に)

まず最初に、絶対的に必要なことは、
自分の信念というか、自分の考えを
どんな状況でもはっきり述べられること。

二つ目は嫌なことから逃げないこと。

三つ目は健康、これはもう絶対です。

経営者ほどハードワークな仕事はありませんからね。
昼も夜中もないですから、
自分の体をいたわるようなことをしていたら
とても勤まりません。

これは創業間もないころのことですが、
出張先のアメリカで体調を崩して
病院に運ばれたことがあります。

現地のドクターから「調子はどうだ」と聞かれて、
力のない声で「ノット・ファイン」と答えたんです。

するとそのドクターは

「経営者がそんな弱気では会社は心もとない。
 いつもファインと答えなさい」
 
 
とアドバイスをしてくれました。

ドクターの言う通り
「ファイン、ファイン」と口の中で繰り返していると、
不思議なことに力が湧いてきました。

「病は気から」とはよく言ったものです。

人を動かす立場にある経営者が、
たとえわずかでも後ろ向きの考えをしたり、
消極的な態度や姿勢を見せたとき、
下の者はそれを敏感に感じ取りますからね、

健康というのは大事なことです。
経営者は常に気力が充実していなければいけない。

◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

「人間力.com」は月刊誌『致知』より引用しています。

『致知』には毎号、心の琴線に触れる記事が満載です。
まだお読みでない方は、こちらからごお申し込みください。

「致知」購読の申し込みはこちら

毎月858円で、人間力が高まります。
 ※お気軽に 1年購読
 10,300円 (1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな 3年購読 
 27,800円 (1冊あたり772円/税・送料込み)
◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫



上に戻る



致知出版社公式メールマガジン「人間力メルマガ」詳細はこちら 携帯メルマガ 致知一日一言

致知出版社公式フェイスブックはこちら ツイッター