土光敏夫氏の座右の銘

土光敏夫氏の座右の銘

吉良節子(土光敏夫氏元秘書)

      

(『致知』2003年11月号 特集「仕事と人生」より)

昭和61年、電電公社や国鉄の民営化を
やり遂げた臨調は解散。
その功績を認められ、土光さんは民間人では
初めて生前に「勲一等旭日桐花大綬章」を受章しました。

その後、次第にお体に無理が利かなくなり、
ご自宅で静養されるようになりました。

それでも社内には「土光さんの意見を聞こう」
という案件が多く、私は週に1度はご自宅まで伺っていました。

神奈川の鶴見にひっそりと佇む土光家。
「地味で質素」を絵に描いたようなその家は、
およそ東芝の社長や経団連の会長を
歴任された方のお宅とは思えません。

門を開けようとすると「ギーギー」と轟音が響き渡る。
廊下を歩いてもギシギシいって、
「女性の私が歩いて穴が開いたら恥ずかしいわ」と
いつも気を使いながら歩いていました。

冷暖房設備がないあの家に、
真夏にいらっしゃった方は、
「あの家は暑くてなぁ」とぼやいていらっしゃいました。

秘書側が家の修理を申し出ても「まだ使えます」、
クーラーの取り付けを申し出ても「いりません」の一点張り。

「営業の話に見えるお客様もいらっしゃいます。
 冷暖房がないと営業上、困ります」

と申し上げると、

「会社が困るなら入れましょう」

と快諾したものの、応接間のみ取り付けを許し、
自分の部屋に取り付けることは拒みました。

受勲の際、土光さんは

「個人は質素に、国は豊かに」

とおっしゃいましたが、その人生は
まさに言葉通りだったと思います。

メザシが一番のごちそうで、着飾ることを嫌い、
背広も鞄も使い古したものを大切に使う。
ペン1本も、文字が擦れるまで使っても
「まだ使える、まだ書ける」と言って
捨てようとなさいませんでした。

私心なく、公私の別に厳しく、質素を好んだ土光さんが、
色紙を求められるといつも書いたのは

「日新 日日新」

という言葉でした。

出典は中国の古典『大学』で、

「きょうという一日は天地開闢以来
 はじめて訪れた一日である。

 それも貧乏人にも王様にも、みな平等にやってくる。
 その一日を有意義に暮らすためには、
 その行いは昨日よりもきょう、
 きょうよりも明日は新しくなるべきだ」

という意味があるそうです。

それについて、以前土光さんは
次のようにお話しされていました。

「一日の決算は一日にやる。失敗もあるであろう。
 しかし、昨日を悔やむこともしないし、
 明日を思い煩うこともしない。

 新たにきょうという清浄無垢な日を迎える。
 ぼくはこれを銘として、毎朝
 『きょうを精いっぱい生きよう』と誓い、
 全力を傾けて生きる」

この言葉に土光さんの人生が
詰まっているような気がします。

土光さんが亡くなられた後、
「日新 日日新」の文字を九谷焼の皿にしたい、
と熱望される方が現れ、ご協力した関係で
その1枚をいただきました。

長い間忘れていたのですが、母を亡くしたいま、
こうして出てきたのです。

母が亡くなったことに囚われすぎてはいけない。
過ぎ去りし過去を悔やまず、
これからやってくる新しい日々を生きていこう。

土光さんの字を拝見し、
そんな思いが湧きあがってきました。
清廉の人・土光敏夫さんの生き方は、
いまなお私を導いてくださるのです。

◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

「人間力.com」は月刊誌『致知』より引用しています。

『致知』には毎号、心の琴線に触れる記事が満載です。
まだお読みでない方は、こちらからごお申し込みください。

「致知」購読の申し込みはこちら

毎月858円で、人間力が高まります。
 ※お気軽に 1年購読
 10,300円 (1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな 3年購読 
 27,800円 (1冊あたり772円/税・送料込み)
◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

毎日 配信中!「人間力メルマガ」

人間学を学ぶ「致知」のエッセンスをギュッと凝縮 読者数47,000人!!

特典1仕事や人生に役立つ記事が無料で読める!

特典2メルマガ会員限定のプレゼント企画もあり

特典3朝礼でのスピーチネタとして使える!

メルマガ配信の登録はこちら

携帯電話やスマートフォンのメールアドレスで登録をされる方は、「@chichi.co.jp」からのメールの受信ができるよう設定してください。 >設定方法はこちら

※ご登録前にお読みください。 読者登録規約 個人情報保護ポリシー ※解除はこちら