松下幸之助氏「商売は絶対に損をしてはいけない」

松下幸之助氏「商売は絶対に損をしてはいけない」

山下俊彦(松下電器産業相談役 ※掲載当時)

      

(『致知』1989年8月号 特集「いまが明日を開く」より)

創業間もないころ、近所に松下幸之助と同じように
電気屋を始めた人がいました。
結局、その人は会社を駄目にしてしまうのですが、
数年後、再会したときにその人が幸之助さんに、

 「私も一所懸命仕事をしたが、どうも思うようにいかなかった。

  たまたま少しうまくいきかけると、
  売った先が金をくれなかったり、
  頼りにしていた工員が辞めたりして、
  挫折してしまった。

  同じように商売を始めた君が、何の支障もなく
  発展していくのが、不思議だ」

それに対して、幸之助さんはこう答えています。

 「君ほど熱心にやっていながら、
  なお仕事が成功しないのが、私には不思議だ。

  商売というのは大小の差があっても
  やっただけは成功するものだと思う。
  よく世間では商売だから儲けるときもあれば
  損するときもある。

  得したり損したりしているうちに成功していくというが、
  自分はそうは思わない。
  絶対に損をしてはいけないのである。

  商売というのは真剣勝負と一緒だ。
  首をはねたり、はねられたりするうちに
  勝つというようなことはあり得ない。
  活動すれば、それだけの成功が得られなければならないのだ。

  もし、それができなかったら、
  それは環境でも、時宜でも、運でも何でもない。
  経営の進め方に当を得ないところがあるからだ。

  それを『商売は時世時節(ときよじせつ)で
  得もあれば損もある』と考えるところに
  根本の間違いがある。

  商売というのは、不景気でもよし、
  好景気であれば、なおよしと考えなければいけない。
  商売上手な人は、不景気に際して
  かえって進展の基礎を固めるものだ」

このエピソードは幸之助さんの企業経営というものに
対する厳しい姿勢をよく表していると思います。

◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

「人間力.com」は月刊誌『致知』より引用しています。

『致知』には毎号、心の琴線に触れる記事が満載です。
まだお読みでない方は、こちらからごお申し込みください。

「致知」購読の申し込みはこちら

毎月858円で、人間力が高まります。
 ※お気軽に 1年購読
 10,300円 (1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな 3年購読 
 27,800円 (1冊あたり772円/税・送料込み)
◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

毎日 配信中!「人間力メルマガ」

人間学を学ぶ「致知」のエッセンスをギュッと凝縮 読者数47,000人!!

特典1仕事や人生に役立つ記事が無料で読める!

特典2メルマガ会員限定のプレゼント企画もあり

特典3朝礼でのスピーチネタとして使える!

メルマガ配信の登録はこちら

携帯電話やスマートフォンのメールアドレスで登録をされる方は、「@chichi.co.jp」からのメールの受信ができるよう設定してください。 >設定方法はこちら

※ご登録前にお読みください。 読者登録規約 個人情報保護ポリシー ※解除はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする