奇跡を起こす方程式

奇跡を起こす方程式

古市忠夫(プロゴルファー)

      

(『致知』2007年7月号 対談「機を活かす」より)

最近、なんで俺がこんなありえない人生を
歩んでいるんだろうと考えた時、
「奇跡を起こす方程式」を思いついたんです。

「奇跡=才能×努力×感謝力」

さっきも言うたように、才能や努力では
プロテストを受ける二十代の若者には敵いません。
しかし、感謝力だったら負けない自信がある。

震災に遭うまでは、どんな状況でも
不撓不屈で頑張ることのできる人が勇者だと思っていました。
でも、真の勇者は頑張れることへ感謝できる人なんですね。

才能と努力だけで栄光を掴みにいくと、
うぬぼれるから怖いのです。

最後の一打で手が届かなかったりする。
だからプロテストを見ていても、
通る、通らないというのは大体分かります。

どこで見極めるかといえば、まず、
感謝力が強い人はきちんと挨拶をします。

こっちが一礼して
「おはようございます」と挨拶しているのに、
首だけでペコッとかいうのは挨拶ちゃうで(笑)。

それから歩き方。大地を踏みしめて、
胸を張ってスーッと歩ける人は通ります。
どんなにミスをしても、
頑張れることへ感謝できる人はオドオドしない。

人生は最後の最後まで分からない、というのが私の持論です。

私たちは震災であまりにも多くのものを失いました。
しかし、それによって大切なのは物ではなく、
お金でもなく、地位や名声でもない。

人の愛であり、優しさであり、人を思いやる心であり、
感謝であり、積極的な心だと分かった。
そのおかげで、いま、私は夢のような人生を歩んでいる。
人生、何がピンチで何がチャンスか、
その時点では判断できないと思うんですよ。

でも、どんな時でも正直に、悔いなく、
感謝の心を持って生きると、
ものすごいパワーが生まれて奇跡を起こしてくれる。
それは誰が起こしてくれるのか? 
周りの人です。自分の力では奇跡は起きません。

なんぼおっちゃんが頑張ったところで、
映画なんてできませんて。
(編集部注 ※古市氏の半生は映画化もされました)

まして上映会にタイガー・ウッズを呼んで、
一緒にゴルフなんて絶対できへん。だから、
奇跡は周囲の人が起こしてくれるものなのです。

感謝は人の心を大きく、美しく、そして強くします。
いくらゴルフが上手でもプロにはなれません。
強い人がプロになるんです。
そして強い人はいつも周りの人に感謝している。
だからますます強くなる。

いろいろなプロの姿を見てきて、そう思いますね。

◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

「人間力.com」は月刊誌『致知』より引用しています。

『致知』には毎号、心の琴線に触れる記事が満載です。
まだお読みでない方は、こちらからごお申し込みください。

「致知」購読の申し込みはこちら

毎月858円で、人間力が高まります。
 ※お気軽に 1年購読
 10,300円 (1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな 3年購読 
 27,800円 (1冊あたり772円/税・送料込み)
◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

毎日 配信中!「人間力メルマガ」

人間学を学ぶ「致知」のエッセンスをギュッと凝縮 読者数47,000人!!

特典1仕事や人生に役立つ記事が無料で読める!

特典2メルマガ会員限定のプレゼント企画もあり

特典3朝礼でのスピーチネタとして使える!

メルマガ配信の登録はこちら

携帯電話やスマートフォンのメールアドレスで登録をされる方は、「@chichi.co.jp」からのメールの受信ができるよう設定してください。 >設定方法はこちら

※ご登録前にお読みください。 読者登録規約 個人情報保護ポリシー ※解除はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする