横山やすしさんから学んだこと

横山やすしさんから学んだこと

大谷由里子(プロデューサー ※掲載当時)

  

(『致知』2003年8月号 連載「第一線で活躍する女性」より)

吉本興業では「やすし・きよし」の横山やすしさんや、
当時売り出し中の「宮川大助・花子」などを担当しました。

横山さんにはわがままなイメージがあるようで、
人には「大変だったでしょう」と言われます。
確かに、大阪で生放送に出演するはずなのに
まだ地方の競艇場にいたり、

「浮気がばれた。嫁が怒っているから姿を消す。
 オレに仕事をしてほしかったら
 おまえが嫁の機嫌をとってこい」

って電話がかかってきたり、むちゃくちゃでしたよ(笑)。

でも、どんな仕事でも取引先や上司から
無理難題を言われるでしょう。
それを無理難題と思うかどうかの違いです。

コーチングの基本に

“発想を「Why」から「How」に変えよう”

という理論があるんですよ。

無理難題を言われて、
「なんでそんなこと言われなあかんねん」と思ったら、
もうそこで終わり。

あの頃、横山さんに何を言われても
「どうする?」「どうやって解決する?」
といつも考えていました。

それがいまとても役立っています。

◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

「人間力.com」は月刊誌『致知』より引用しています。

『致知』には毎号、心の琴線に触れる記事が満載です。
まだお読みでない方は、こちらからごお申し込みください。

「致知」購読の申し込みはこちら

毎月858円で、人間力が高まります。
 ※お気軽に 1年購読
 10,300円 (1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな 3年購読 
 27,800円 (1冊あたり772円/税・送料込み)
◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする