新幹線の生みの親・島秀雄氏の格言

新幹線の生みの親・島秀雄氏の格言

柿沼博彦(JR北海道副社長)

      

(『致知』2009年8月号 特集「感奮興起」より)

専門家とは、自分の仕事を意識し続けられる人であり、
意識し続ける中からアイデアが出てくるものだと思います。

マイクロバスに線路を走らせようと
アイデアが出るまで七年もかかっているんです。

その間、アイデアが出ないで進捗がない時は
違う仕事に着手しているでしょう。

でも、その命題を忘れないで自分の脳にしまいこんでおく。
それが何かと結びついた時にパッとひらめくんです。

やっぱりその対象にめぐり合うまで意識し続けられるという、
仕事に対する執着心が必要ですね。

また、「できる」という前提で
事にあたることが大切だと思います。

前の社長に言われて気づいたのですが、
これまで「柿沼、これはどうにかできないか」と言われた時、
私はいつも「おもしろいですね」と答えていたらしいんです。

いまの人たちは簡単に
「それは無理です」「物理的にできないと思います」
と言うのですが、新幹線の生みの親である島秀雄は

「できないことを『できない』と絶(こと)わる。
 至極あたりまえのことなのだが、
 これがなかなか大変である」

と言っています。

あらゆる方法をもってできないことを証明するより、
たった一つできる方法を探すほうが簡単なんです。

だから「必ずできる」「諦めない」、
この精神がアイデアを形にするために必要だと思いますね。

◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

「人間力.com」は月刊誌『致知』より引用しています。

『致知』には毎号、心の琴線に触れる記事が満載です。
まだお読みでない方は、こちらからごお申し込みください。

「致知」購読の申し込みはこちら

毎月858円で、人間力が高まります。
 ※お気軽に 1年購読
 10,300円 (1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな 3年購読 
 27,800円 (1冊あたり772円/税・送料込み)
◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

毎日 配信中!「人間力メルマガ」

人間学を学ぶ「致知」のエッセンスをギュッと凝縮 読者数47,000人!!

特典1仕事や人生に役立つ記事が無料で読める!

特典2メルマガ会員限定のプレゼント企画もあり

特典3朝礼でのスピーチネタとして使える!

メルマガ配信の登録はこちら

携帯電話やスマートフォンのメールアドレスで登録をされる方は、「@chichi.co.jp」からのメールの受信ができるよう設定してください。 >設定方法はこちら

※ご登録前にお読みください。 読者登録規約 個人情報保護ポリシー ※解除はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする