内なる心を見つめる 瞑想と祈りのすすめ" /> 内なる心を見つめる 瞑想と祈りのすすめ"/>
RSS FEED
※キーワードでサイト内の記事が検索できます

内なる心を見つめる 瞑想と祈りのすすめ

鈴木秀子(国際コミュニオン学会名誉会長)

      

『致知』(一生一事一貫)2016年2月号「人生を照らす言葉」より

私たちの人生には様々な出来事が起こります。
思いもしない災難が突然、押し寄せることもあります。

時にその災難に翻弄され、
落ち込んだり挫けそうになったりすることもあるでしょう。
しかし、どんなに海の表面が荒れていても、
深海は常に静けさで満ちているものです。

私たちも心がざわめく時、
決して揺れることのない内なる心を
静かに見つめてみることはとても大切です。
そのためにも、私は縁あった方々に
瞑想や祈りの習慣をつけることをお勧めしています。

5分程度の時間であれば、誰でもつくることができます。
椅子に静かに腰掛けて、ゆっくりと呼吸をします。
この時、吐く息を意識しながら
「自分の中のざわつきやストレス、体の疲れ、病気などを
すべて外に放ちます」と心の中で唱えます。

雑念を吐き出していくと、自然と心が落ち着いてきて、
「いま、ここ」に意識が向くようになります。

鳥のさえずり、風の音、外を走る車の音、時計の音。
そういうものに耳を傾けていきます。
心が静まるにつれて、瞑想の途中に心の内面から
何らかの思いが突き上げてくることがあります。

その思いを一つでいいからキャッチしてみることです。
それは決して清らかなものでないかもしれませんが、
それでもいいのです。

湧き上がってきた思いを第3者の目で観察しながら
「この思いにも意味があるのだ」と
自分に言い聞かせてみてください。

このような瞑想の習慣をつけていくことで、
自分が宇宙に生かされていることを実感として
掴めるようになるだけでなく、
心の奥にある魂の声を感じ取れるようになるのです。

もう一つの「祈り」についてですが、
これは「大金持ちになるように」というような欲を
叶えるためのものではありません。
相手が最高、最善に計らわれ、
幸せになるようにと思いを送ることです。

私たち人間は深いところで皆繋がっていますから、
神様から愛されていない人は誰一人としていません。
祈りは、相手の素晴らしさを称えることにもなります。

どうか、短い時間でも瞑目し、
縁ある人たちの顔を思い浮かべてその幸せを
祈ってみられてはどうでしょうか。

いつしか心が穏やかになり、幸福感に満たされているはずです。

……………………………………………………………………………………………………
プロフィール
鈴木秀子 
東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。
聖心女子大学教授を経て、現在国際文学療法学会会長、
聖心会会員。日本で初めてエニアグラムを紹介し、
各地でワークショップなどを行う。
著書に『幸せになるキーワード』(致知出版社)
『9つの性格』(PHP研究所)『逆風のときこそ高く飛べる』
(青春出版社)などがある。

◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

「人間力.com」は月刊誌『致知』より引用しています。

『致知』には毎号、心の琴線に触れる記事が満載です。
まだお読みでない方は、こちらからごお申し込みください。

「致知」購読の申し込みはこちら

毎月858円で、人間力が高まります。
 ※お気軽に 1年購読
 10,300円 (1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな 3年購読 
 27,800円 (1冊あたり772円/税・送料込み)

◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫



上に戻る



致知出版社公式メールマガジン「人間力メルマガ」詳細はこちら 携帯メルマガ 致知一日一言

致知出版社公式フェイスブックはこちら ツイッター