強烈なエゴが人生を切り拓く" /> 強烈なエゴが人生を切り拓く"/>
RSS FEED
※キーワードでサイト内の記事が検索できます

強烈なエゴが人生を切り拓く

石原慎太郎(作家)

      

『致知』2016年1月号 特集「リーダーシップの神髄」

昨年12月16日、私は半世紀近く携わってきた
政治の世界から引退することを決めた。

その会見の最後に、
「死ぬまでは言いたいことを言って、やりたいことをやって、
人から憎まれて死にたいと思います」と語ったが、
最近私が特に強く感じているのは、
魅力のある青年が少なくなったということである。

私は平成7年から24年までの17年間、
芥川賞の選考委員を務めてきた。
その間、足をすくわれるような小説に出逢えたらなと
淡い期待を寄せていたが、遂にそれは叶わなかった。
時折、閃きのある作品が現れても、
私以外の選考委員は認めようとしなかった。
それはなぜだろうか。

結局、若い書き手にしても年配の選考委員にしても、
世間受けや流行、話題性といったことばかりを追い求め、
「こういう小説を書きたい」「この作品は素晴らしい」
という内なる思いが感じられない。
つまり、エゴがないのだ。

エゴと聞くと悪い印象を持たれる方が多いだろう。
しかし、それは大いなる誤解であって、
エゴとは人間の個性であり、感性のことである。

フランスの小説家・スタンダールが
「エゴティズムとは、他人との関わり、
あるいは対立において利害関係を超えて
精神的、肉体的に自分を主張しようとする
人間の本然的な態度」と捉えているように、
周囲の人間からどんなに批判されても、
自分の信念を曲げずにやりたいことを貫く。
それこそがエゴである。

氾濫する情報に埋没してしまい、
情報を取捨選択したり物事に興味を持つ、強く惹かれるといった、
自分の視点を持てない若者が増えているのではなかろうか。

何も小説の世界だけではない。
これは大学教授の友人から伺った話だが、
この頃の学生たちは失恋をしないという。
好きな人がいても、失恋を恐れて、
変に自分と相手をランク付けし、
とても自分には及ばないと決めつける。
これは非常に残念な話だ。

私が学生の頃は、とにかくがむしゃらにアプローチし、
振られて失恋したものだ。
いまでも印象に残っているが、
一橋大学の学生寮の入り口の壁に
「ああ えっちゃん」という文字が逆さに書かれていた。
きっと、えっちゃんという子に惚れた人間が
たまらなくなって逆立ちして書いたのだろう。
そういう強烈な思慕や憧れが、
人間が生きていく上での原動力になるのだ。
 
では、いかにしてエゴを司る感性を研ぎ澄ますのか。
それは何でもいいから趣味を持つこと、
自分の好きなことに耽溺することだ。
自分の仕事でも、スポーツでも、
お茶や俳句などの芸事だっていい。
とにかく好きなことに打ち込めば、
もっとうまくなろうと思って工夫する。上達する。
さらに工夫を重ねる。

そうやって人間は進歩向上していくのであって、
工夫こそが感性の発露なのだ。

◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

「人間力.com」は月刊誌『致知』より引用しています。

『致知』には毎号、心の琴線に触れる記事が満載です。
まだお読みでない方は、こちらからごお申し込みください。

「致知」購読の申し込みはこちら

毎月858円で、人間力が高まります。
 ※お気軽に 1年購読
 10,300円 (1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな 3年購読 
 27,800円 (1冊あたり772円/税・送料込み)        
◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫



上に戻る



致知出版社公式メールマガジン「人間力メルマガ」詳細はこちら 携帯メルマガ 致知一日一言

致知出版社公式フェイスブックはこちら ツイッター