RSS FEED
※キーワードでサイト内の記事が検索できます

超天文学的な確率で 一人の人間が生まれる

村上和雄(筑波大学名誉教授)

      

『致知』2015年12月号 特集「人間という奇跡を生きる」

私が遺伝子の研究をやっていて強く感じたことは、
DNAの暗号を書いたのは誰かということです。

DNAはA、T、C、Gという僅か4つの化学の
文字(塩基)でしか書かれていない。
しかし、その4つですべての生き物の体の設計図が
書かれている。極めてシンプルですよね。
真理というのはシンプルなんです。

この設計図、一番目にA、T、C、Gの
どれかが並ぶ可能性があり、次も4とおりのうちのどれか、その次も…。
人間の場合、これを32億回掛けていくんです。
だから4の32億乗。

天文学的と言うより、超天文学的な確率の中から
一人の人間が生まれてくるんです。
だから偶然とはとても考えられないわけですね。
人間業でない。そのことだけは確かなんですよ。

その働きを人によって何と表現するかは違うけれども、
私はサムシング・グレートと言っています。
サムシングですから、まだよく分からないんです。

しかし、私自身、研究をとおして
人智を超えた世界を垣間見ることができたのは、
非常にありがたいことで、そうなると謙虚にならざるを得ません。

少々世界に先駆けて何かを発見したと威張ってみても、
それは所詮人間として生まれたからできることなんです。
生命の根源に畏敬し感謝こそすれ、
傲慢になってはいけないと思いますね。

◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

「人間力.com」は月刊誌『致知』より引用しています。

『致知』には毎号、心の琴線に触れる記事が満載です。
まだお読みでない方は、こちらからごお申し込みください。

「致知」購読の申し込みはこちら

毎月858円で、人間力が高まります。
 ※お気軽に 1年購読
 10,300円 (1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな 3年購読 
 27,800円 (1冊あたり772円/税・送料込み)        
◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫



上に戻る



メルマガ配信の登録はこちら

携帯電話やスマートフォンのメールアドレスで登録をされる方は、「@chichi.co.jp」からのメールの受信ができるよう設定してください。 >設定方法はこちら

※ご登録前にお読みください。 読者登録規約 個人情報保護ポリシー ※解除はこちら