RSS FEED
※キーワードでサイト内の記事が検索できます

偉人たちの生き方に共通するもの

平 光雄(社会教育家)

      

『致知』2015年12月号 特集「人間という奇跡を生きる」

私が偉人伝を通じて子供たちに最も伝えたいことがあります。
それは後世に残るような大きな仕事をした偉人たちには、
ジャンルや境遇はまちまちであっても、
一つだけ共通点があるということです。

私はこれを系統立て、
「成功の法則」として子供たちに教えてきました。
具体的には、「よーし!(決心)⇒やる(実行)⇒続ける(継続)
⇒壁・失敗・挫折⇒諦めない(不屈)⇒続ける(さらに継続)
⇒偉業(成功)」という一連のプロセスです。

つまりどの偉人たちも挫折や大失敗を経験し、
それでも諦めなかったというプロセスを歩んできたのです。
もっと言えば、一度心に決めたことは、
何事があろうとも絶対に諦めなかったのが、
偉人の偉人たる所以であるということなのです。
言葉を換えれば、「偉大なことをやった人というのは、
心が偉大であった」と言ってもいいでしょう。

それだけに一冊でも多くの偉人伝を読んでほしいと思います。
特に小さな子供たちには、
奇跡のようなことを成し遂げた人たちの存在を知ることで、
「そんなこともできるんだ」と知ってもらうことがとても大切です。

例えば陸上競技の百㍍走では長らく「十秒の壁」というのがありました。
しかし、一人がその壁を乗り越えると、
不思議なもので次々と十秒を切る選手が現れました。

同じように子供たちには、偉人伝を通じて、
「これが限界だ」と思っていたことが、
実は本当の限界ではなかった、
そう思い込んでいるにすぎなかったということを学んでほしいのです。

自ら限界をつくらない――。
そこに奇跡を生きた偉人たちに近づけるヒントが
隠されているのではないでしょうか。

◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

「人間力.com」は月刊誌『致知』より引用しています。

『致知』には毎号、心の琴線に触れる記事が満載です。
まだお読みでない方は、こちらからごお申し込みください。

「致知」購読の申し込みはこちら

毎月858円で、人間力が高まります。
 ※お気軽に 1年購読
 10,300円 (1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな 3年購読 
 27,800円 (1冊あたり772円/税・送料込み)        
◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫



上に戻る



致知出版社公式メールマガジン「人間力メルマガ」詳細はこちら 携帯メルマガ 致知一日一言

致知出版社公式フェイスブックはこちら ツイッター