逆境力を身に付ける

逆境力を身に付ける

久世浩司(ポジティブ・サイコロジースクール代表)

      

『致知』2014年1月号「堅忍不抜」

「逆境体験や失敗には意味がある」
という言葉をよく耳にします。
これは真理だと思います。
ただ、試練の真っ只中にあって心が沈んでいく時に、
そこにどういう意味があるかを考えようとしても、
考えられるものではありません。

逆境に意味を見出すには
次に述べる二つのステップが必要だと私は考えています。

それはそのままレジリエンス※の
精神的回復のステップでもあるのです。

第一は、落ち込んでいる状態を底打ちすること。
言い換えれば恐れ、怒り、不安、罪悪感といった感情を
セルフマネジメントできるようになることです。
しかし、頭では分かっているつもりでも
実際にネガティブ感情に支配されてしまうと、
支配されていることにすら
なかなか気づかなくなるものです。
かつての私がそうでした。

ついつい周囲に八つ当たりしたり
チャレンジから遠ざかったり、
行動も衝動的、消極的になってしまいます。

その状態から抜け出す方法があります。
自分の感情に気づくことです。
怒りの感情に任せて暴言を吐く、
叱られるのが怖くて引きこもってしまう
といった行動を取るのは、
心が感情に完全に支配されている証拠です。

しかし、どのような時も
「いまは感情に支配されているんだな」と
自分を客観視できれば、
荒だった気持ちも冷静になります。
これはセルフマネジメントの第一歩です。

私がお勧めするのは感情に
名前を付けること(ラベリング)です。
「あっ、これは怒りの感情だ」
「恐れがやってきた」と感情に名前を付けられるようになると、
もやもや感の原因が〝見える化〟できます。

それは、体調不良の原因が分からずに悩んでいた人が、
「胃腸不良ですよ」と医師から診断された途端、
まるで病気が治ったかのような
気持ちになるのとよく似ています。

それができた段階で、次にネガティブな感情を宵越ししない、
その日のうちに処理するというステップに入ります。
運動が好きな人であれば、
帰宅前に軽く体を動かすといったことでもいいでしょう。
音楽、ヨガ、瞑想、日記など
人によって方法は様々でしょうが、
感情を積極的に晴らしていく工夫を習慣化していくのです。
 

※・・・心理学の用語で、「逆境や困難、強いストレスに
直面した時に適応していく精神力と心理的プロセス」と定義されている。

◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

「人間力.com」は月刊誌『致知』より引用しています。

『致知』には毎号、心の琴線に触れる記事が満載です。
まだお読みでない方は、こちらからごお申し込みください。

「致知」購読の申し込みはこちら

毎月858円で、人間力が高まります。
 ※お気軽に 1年購読
 10,300円 (1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな 3年購読 
 27,800円 (1冊あたり772円/税・送料込み)
◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫



毎日 配信中!「人間力メルマガ」

人間学を学ぶ「致知」のエッセンスをギュッと凝縮 読者数47,000人!!

特典1仕事や人生に役立つ記事が無料で読める!

特典2メルマガ会員限定のプレゼント企画もあり

特典3朝礼でのスピーチネタとして使える!

メルマガ配信の登録はこちら

携帯電話やスマートフォンのメールアドレスで登録をされる方は、「@chichi.co.jp」からのメールの受信ができるよう設定してください。 >設定方法はこちら

※ご登録前にお読みください。 読者登録規約 個人情報保護ポリシー ※解除はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする