RSS FEED
※キーワードでサイト内の記事が検索できます

赤ちゃんには盲目の愛を

坂本フジエ(90歳の現役助産師)

      

『致知』2014年12月号「発想力」

ーー具体的にはお母さんはどうすればいいのでしょうか。

 何も難しく考える必要はなくて、
 赤ちゃんを抱いて抱いて、ひたすら抱きしめて、
 徹底的に可愛がってあげる。
 与えて与えて、与えきって構わないんです。
 そうすれば、素直ないい子に育ちますよ。
 特に最初の三か月までは盲目の愛でいいんです。

 ところが最近のお母さん方は
 昔に比べて大学とか短大まで進んで
 教育を受けるようになったでしょう。
 そういう人たちが赤ちゃんを育てると、
 物言わぬゼロ歳児は何も分からないと思って、
 自分の考え方や価値観というものを押しつける。
 実はそれが赤ちゃんに理不尽に堪えているんですよ。

ーー最近はゼロ歳児を対象にした教材もかなりありますね。

 ゼロ歳児には道徳の観念や躾は無用だし、
 親の欲目で早くから教育しようなんていう
 考えは一つもいらないんです。
   
 それよりも一年間は徹底的に
 大事に大事に育ててあげる。
 そうして一年経ったら、
 いろんなことに耐えられるようになるから、
 教えるのはそれからでいい。

 逆にゼロ歳児のうちにあやふやな養い方をすると、
 その後遺症が一生続いていくんです。
 どうなるかというと、
 自己を肯定する感情が育たなくなる。
 だから母親とゼロ歳児の赤ちゃんとの間には、
 他の人に首を突っ込ませるなということなんです。
  
ーー自分のことが好きではない子供が増えているといいますね。

 本当の愛情をもらった子供たちは、
 母親との間に原信頼関係というのができてくるんです。
 そして次に自尊、つまり自分を尊ぶ感情が生まれてくる。
 「自分はお母さんが思ってくれているような
 大切な人間なんだ」と自覚できるようになると、
 今度は自分を大切にするだけではなく、
 人も大切だということを自然に学んでいくというわけです。
 
 つまり母親との原信頼関係が強固に構築されれば、
 それをベースに父親も見る、おじいちゃんおばあちゃんも見る、
 周囲の人たちも見る、というように
 社会に広がっていく心というものが育まれていくんですよ。
 
◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

「人間力.com」は月刊誌『致知』より引用しています。

『致知』には毎号、心の琴線に触れる記事が満載です。
まだお読みでない方は、こちらからごお申し込みください。

「致知」購読の申し込みはこちら

毎月858円で、人間力が高まります。
 ※お気軽に 1年購読
 10,300円 (1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな 3年購読 
 27,800円 (1冊あたり772円/税・送料込み)
◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫



上に戻る



メルマガ配信の登録はこちら

携帯電話やスマートフォンのメールアドレスで登録をされる方は、「@chichi.co.jp」からのメールの受信ができるよう設定してください。 >設定方法はこちら

※ご登録前にお読みください。 読者登録規約 個人情報保護ポリシー ※解除はこちら