RSS FEED
※キーワードでサイト内の記事が検索できます

思いが事を成す~稲盛和夫に学んだこと~

森田直行(KCCSマネジメントコンサルティング会長)

      

『致知』2014年11月号「魂を伝承する」

京セラに入社して
既に四十五年以上の月日が流れ、
その間私は稲盛会長から
経営者としての考え方を
間近で学ばせていただきました。

また、心のあり方についてのお話は、
いまお聞きしても学ぶことが多くあり、
会長に対する尊敬の念は尽きることがありません。

本当に多くの教えを
会長から授けていただきましたが、
私が最も大切にしてきたのは
「思いが事を成す」ということでした。

何かうまくいかないことがあった際、
得てして人はその原因を
自分以外の人や環境のせいにしてしまいがちです。

しかし会長には、物事がうまく進まない時、
まず初めに自分の思いが足りなかったのではないかと
考えるようにと教えられました。

つまり自分の思いが足りないことから
生ずる努力不足に目を向けよというのです。

例えばあるプロジェクトを進める上で、
人から協力を得られなかった場合に、
私はその原因は自分の頼み方が悪くて
思いが伝わらなかったからだと思うようにしてきました。

そうすることで、人を恨むなどという
つまらない方向に無駄なエネルギーを使うのではなく、
自分の至らなさを思い、
再度やり直せばいいと前向きに考えることができたのです。

誰に対しても常に本気で
思いを語ってこられた稲盛会長の姿から、
私はこの言葉に伝承すべき魂が込められていると思うのです。
 
◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

「人間力.com」は月刊誌『致知』より引用しています。

『致知』には毎号、心の琴線に触れる記事が満載です。
まだお読みでない方は、こちらからごお申し込みください。

「致知」購読の申し込みはこちら

毎月858円で、人間力が高まります。
 ※お気軽に 1年購読
 10,300円 (1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな 3年購読 
 27,800円 (1冊あたり772円/税・送料込み)
◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫



上に戻る



致知出版社公式メールマガジン「人間力メルマガ」詳細はこちら 携帯メルマガ 致知一日一言

致知出版社公式フェイスブックはこちら ツイッター