できない理由よりもできることを考える

できない理由よりもできることを考える

三浦雄一郎(冒険家)

      

(『致知』2014年8月号「一刹那正念場」より)

人間というのは、年をとればとるほど、
いろいろなできない理由が浮かんできます。
今回だって、骨折に心臓の手術と、
やめる理由はいくらでもありました。

しかし私は、
できない理由を並べるよりも
できることを考えました。

エベレストに入ってからも、
二十㌢、三十㌢、五十㌢と一歩ずつ歩き続け、
ダメなら引き返すということを繰り返しました。
しかし最後の最後まで諦めずに、
この〝一歩ずつ〟を繰り返したことによって、
ついに夢の頂上に立つことができたのです。

できない理由ばかり
考えていても未来は開けません。
いまの自分に何ができるかと
突き詰めて考えることによって可能性が生まれ、
未来が開けていくのだと思います。

◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

「人間力.com」は月刊誌『致知』より引用しています。

『致知』には毎号、心の琴線に触れる記事が満載です。
まだお読みでない方は、こちらからごお申し込みください。

「致知」購読の申し込みはこちら

毎月858円で、人間力が高まります。
 ※お気軽に 1年購読
 10,300円 (1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな 3年購読 
 27,800円 (1冊あたり772円/税・送料込み)
◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする