RSS FEED
※キーワードでサイト内の記事が検索できます

「プロ宣言」をした真意

竹内洋岳(プロ登山家)

      

『致知』2013年6月号特集「一灯照隅」より)



 2006年、私はプロ宣言をしました。
 記者会見を開き、8000㍍峰十四座を
 すべて登り切ることを宣言したのです。

 発表前に思ったことは、
 その発表をする自分は
 いったい何者かということでした。

 
 それまでの私は、一人の登山愛好家として
 ただ自分の登りたい山に登り続けてきました。
 しかしそういう宣言をする以上は、
 単なる愛好家では済まなくなりました。

 
 十四座完登というのは、それまで数多くの
 先輩登山家たちが命懸けで挑戦してきた目標でした。
 実際、山田昇さん、名塚秀二さんを
 はじめとする先輩登山家たちが、
 九座まで登頂を果たした後、命を落とされています。

 その志を継いで登るからには、いつか登れると思いますとか、
 やはり無理でしたというわけにはどうしてもいかない。
 やると宣言して、最後は這ってでも
 登らなければならないと私は考えたのです。

 記者会見に向け、そうした思いを綴っていた時、
 「登山家」という肩書に私は違和感を覚えました。

 世の中には評論家、芸術家など、
 「家」のつく職業がたくさんあります。
 その共通点をあらためて考えて気づいたことは、
 「家」のつく職業の多くは資格が要らず、
 自分で名乗るだけでなれるということでした。

 それは逆に、いつでも勝手に
 辞められるということでもあります。
 それは自分の思いとは全く釣り合いませんでした。

 私は十四座必ず登り切るということ、
 山の世界で生きていくという覚悟を込めて、
 「プロ登山家」と名乗ることにしたのです。

 プロとはいったい何か。
 いろいろな考え方があると思います。
 私が考えるプロとは、
 覚悟があるか否かだと思います。

 プロ宣言は私にとって、
 十四座を最後まで辞めずに
 登り切ってみせるという
 覚悟を定めるために必要でした。

 辞めないでやり通す覚悟があるのがプロ。
 やると宣言し、
 それを確実にやり抜いてこそプロだと思うのです。

◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

「人間力.com」は月刊誌『致知』より引用しています。

『致知』には毎号、心の琴線に触れる記事が満載です。
まだお読みでない方は、こちらからごお申し込みください。

「致知」購読の申し込みはこちら

毎月858円で、人間力が高まります。
 ※お気軽に 1年購読
 10,300円 (1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな 3年購読 
 27,800円 (1冊あたり772円/税・送料込み)
◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫



上に戻る



致知出版社公式メールマガジン「人間力メルマガ」詳細はこちら 携帯メルマガ 致知一日一言

致知出版社公式フェイスブックはこちら ツイッター