史上7校目の春夏連覇大阪桐蔭高校の強さの秘密

 史上7校目の春夏連覇大阪桐蔭高校の強さの秘密

西谷浩一(大阪桐蔭高校硬式野球部監督)

 

(『致知』2012月7月号 より)

 
私がここ最近変わったなと思うのは、
メンバーから外れた子たちが
非常によくやってくれるチームになった、ということですね。

10年ほど前までは夏のメンバー発表が終われば、
そこから外れた子は寮を出るのが決まりだったんです。
メンバーから外れて気持ちも少し切れているだろうから
彼らは家から通わせるようにしようと。

ところが、私が監督になって3年目の時、
皆が寝静まってからキャプテンが相談に来たんです。

「メンバー発表が終わっても、
3年生全員を寮に残してほしい」と。

私は内心凄く嬉しかったんですが、理由を尋ねると

「監督はいつも、1つのボールに皆が同じ思いになれ、
“一球同心”と言われているのに、
 メンバー外の3年生が寮を出たらお互いに溝ができてしまう。
 一球同心が本物にならないと思います」

と言ってくれたんですね。

夏のメンバー発表をする時には、
背番号をつけてやれなかった子たちが
ベンチ裏でワンワン泣いているんです。

でも次の日には彼らのほうから
「チームのために何かやらせてほしい」と
自ら言ってきてくれるようになった。

そして打撃投手をしてくれたりするんですが、
私が一番してもらいたいのが相手チームの偵察なんですね。

1、2年生より3年生のほうが野球をよく知っているから、
絶対にいい分析ができる。
ただメンバーから外れた3年生に
それを頼むのは非常に酷なことなんです。

その彼らが「偵察にも行きます」と
自分から言ってくれるようになり、
そこから何かが変わってきた。

3年生の外れた仲間たちがビデオを撮りに行ったとなると、
メンバーもいい加減には見られなくなる。
そうしたことで合宿所自体の雰囲気が変わってきました。

今回の甲子園では、決勝戦が1日雨で流れたんです。
メンバーはその日、室内練習場で練習をしますが、
宿舎に残っている3年生は部屋で寛いでいてもいい。

ところがその彼らが、決勝で当たる光星学院の
一回戦から準決勝までのビデオ4本を全部見直して、
一からデータを取ってくれたんですね。

初めに、負傷した4番の子の話をしましたが、
その代わりに入った子が実は全然打てていなかったんです。
でも分析の結果、ワンストライクツーボールという
カウントになると、8割以上の確率でスライダーを
投げてくるというデータが取れていた。

そして翌日、1イニング目に彼の打席で
そのケースが訪れたんですよね。

私は頭にデータがあったので、
スライダーのサインを出した。

そうしたら彼も「分かってるぞ」という顔をしたんです(笑)。
私もスライダー来い、スライダー来い、と念じていたんですが、
やってきた球が本当にスライダーで、
それを打ったらホームランで……。

だからあれは本当にメンバー以外の子たちが
打たせてくれたホームランで、
スタンドにいる子たちも凄く喜んでいた。

たぶん彼らもスライダー来い、スライダー来い、
と思っていたんでしょうね。

だから試合に出ていない子の力がいかに大切か、
その子たちの力が関わってきた時に、
チームは本当の力を発揮するんだなと改めて感じましたね。

◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

「人間力.com」は月刊誌『致知』より引用しています。

『致知』には毎号、心の琴線に触れる記事が満載です。
まだお読みでない方は、こちらからごお申し込みください。

「致知」購読の申し込みはこちら

毎月858円で、人間力が高まります。
 ※お気軽に 1年購読
 10,300円 (1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな 3年購読 
 27,800円 (1冊あたり772円/税・送料込み)
◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

毎日 配信中!「人間力メルマガ」

人間学を学ぶ「致知」のエッセンスをギュッと凝縮 読者数47,000人!!

特典1仕事や人生に役立つ記事が無料で読める!

特典2メルマガ会員限定のプレゼント企画もあり

特典3朝礼でのスピーチネタとして使える!

メルマガ配信の登録はこちら

携帯電話やスマートフォンのメールアドレスで登録をされる方は、「@chichi.co.jp」からのメールの受信ができるよう設定してください。 >設定方法はこちら

※ご登録前にお読みください。 読者登録規約 個人情報保護ポリシー ※解除はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする