東北の山中にある標準語の村

東北の山中にある標準語の村

北条常久(文学博士)

 

(『致知』2012月2月号 より)

 
ズーズー弁の東北地方に標準語を操る
不思議な山村があることをご存じでしょうか。
秋田県平鹿郡旧西成瀬村(現在の横手市)です。

過疎化の波に勝てず閉校になりましたが、
この村の唯一の小学校・西成瀬小学校の卒業生は
澄んだ声で標準語を話すことで知られていました。

卒業生だけでなく地域の人もまたきれいな言葉を使うので、
旧西成瀬小学校区はいまでも「標準語村」と呼ばれています。

東北の方言の特徴は、母音を上手く発音できない点にあります。
「イ」と「エ」、「シ」と「ス」の発音が混ざり、
「寿司食べろ」と伝えたくとも音声が「スス食べろ」となるのです。

戦争中は東北出身の兵士が「ススメ」を「シシメ」と発音し
「それでは軍は進めない」と上官から殴られたという
実話も聞いたことがあります。

言葉の問題からか東北人は都会に出ても内向的になりがちで、
言葉を指摘されて死を選ぶ人すらいました。
しかしそんな中でも標準語を
マスターした西成瀬村出身の人たちは
積極的な生活態度が目立っていたのです。

ところで、西成瀬村が標準語村と称されるようになる上では、
立役者ともいうべき人物の存在を忘れることができません。
「ことば先生」の愛称で親しまれた
遠藤熊吉(一八七四~一九五二年)です。

熊吉は明治から昭和までの三時代、
五十八年の長きにわたり村の標準語教育に尽力し、
言語面から村人の人生に大きな影響を与えました。

熊吉はこの村の地主の息子です。
十九歳で上京して主に国文学を学んだ後、
帰郷して西成瀬小学校で教鞭を執るようになります。

その頃、日本では東京・山の手の言葉をもとにした
標準語教育が始まっていましたが、
熊吉がその村で見たのは
思うように発音できずに苦しむ子供たちの姿でした。

そもそも標準語を正しく教える立場にある先生ですら
満足に発音できないわけですから、
効果が上がらないのも無理はありません。

しかも、当時の秋田の農村の生活は、
熊吉が見てきた華やかな東京生活とは
対照的に貧しく惨めでした。
生徒たちは一様に無口で、
熊吉が標準語で丁寧に話しかけても
頷くだけで口を開こうとはしなかったのです。

そこで熊吉は子供たちが「話し方」の授業を
どのようにしたら楽しく受けられるかに知恵を絞りました。
舌や口の動きを示した図を使って
発音を指導したのもその一つです。

また、単に教科書を音読するのではなく、
日常生活をテーマにして子供同士標準語で対話をさせ、
普段感じていることなどを話し合わせることで
標準語に興味が続くよう工夫を凝らしています。

標準語教育は一年生の入学式がスタートです。
「皆さんきょうから一年生ですね」との問い掛けに、
ほとんどの子供は「ふぁい」と答えます。
熊吉は皆が「はい」と発音できるようになるまで
熱心に辛抱強く何度も何度も練習を重ねた上で、
本番に臨んだといいます。

熊吉はこの新入生の返事について
「此の返事の仕方一つに児童がものを言ふか、
言はないかの大きな問題解決の鍵がある」と述べていますが、
学校という生活の場面が変われば、
言葉も変えなくてはならないと意識させることが
重要だったのです。

だからといって、熊吉は決して方言を
軽視したわけではありません。
むしろ身の回りの生活を豊かにするものとして
尊重したことが彼の教育の特徴でした。

標準語教育を大切にしつつも、
それを強調するあまり子供たちを
萎縮させてはいけないという思いも
一方ではありました。

ですから、子供たちが昼食時間に
「へんへい(先生)、おゆっこ(湯)けれ」
と言ってやってきても、
熊吉はそれを咎めることなく
「せんせい、おゆをください、ですね」
と言ってお湯を注いであげたといいます。

時と場合によって標準語と方言を
使い分けられる教育をしたいというのが熊吉の理想でした。
標準語教育による子供たちの言葉や表情の変化に驚いたのは、
家族や村人たちでした。

彼らはこぞってこの教育法を支持し、
一九五二年に熊吉が他界した後も続いています。
少しでも手を緩めると、
親たちから「最近、標準語が少しおかしくなっている」
と指摘されたといいます。

それほど熊吉の教育は、
地域の遺産として長い間心に刻まれてきたのです。
私は東北大学在学中、
授業でたまたま話題に上がった標準語の村に関心を抱き、
三十年かけて村の歴史を研究してきました。

最初に村を訪れた時の感動はいまも忘れられません。
熊吉の教えを受けたリンゴ農家の男性が
ズーズー弁とほど遠い澄んだ音声で
私に話しかけてきたからです。
それで私は思わず
「あなたは学校の先生でもしていたのですか」
と質問したくらいです。

この男性が言語指導を受けたのは
小学校一年生の時だけと聞いた時は、
教育の密度の濃さに大きな驚きを感じました。
以来、私は遠藤熊吉という人物と
この村にすっかり魅せられ、
足繁く通うようになったのです。

熊吉は若い頃から人一倍
言語研究に熱心だったことは確かですが、
教師として利益にならない標準語教育を生涯貫き、
そのことで多くの子供たちを
幸福に導くことはやろうとして
できることではありません。
そこに熊吉の強靱な志、一番の魅力を感じるのは
私だけでしょうか。

◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

「人間力.com」は月刊誌『致知』より引用しています。

『致知』には毎号、心の琴線に触れる記事が満載です。
まだお読みでない方は、こちらからごお申し込みください。

「致知」購読の申し込みはこちら

毎月858円で、人間力が高まります。
 ※お気軽に 1年購読
 10,300円 (1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな 3年購読 
 27,800円 (1冊あたり772円/税・送料込み)
◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

毎日 配信中!「人間力メルマガ」

人間学を学ぶ「致知」のエッセンスをギュッと凝縮 読者数47,000人!!

特典1仕事や人生に役立つ記事が無料で読める!

特典2メルマガ会員限定のプレゼント企画もあり

特典3朝礼でのスピーチネタとして使える!

メルマガ配信の登録はこちら

携帯電話やスマートフォンのメールアドレスで登録をされる方は、「@chichi.co.jp」からのメールの受信ができるよう設定してください。 >設定方法はこちら

※ご登録前にお読みください。 読者登録規約 個人情報保護ポリシー ※解除はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする