不可能を可能にする力

不可能を可能にする力

救世忍者 乱丸
(女子プロレスラー、第二十一代TWF世界タッグ王者)

 

(『致知』2012年6月号 より)

 
 網膜芽細胞腫という目のがんに罹り、片目を摘出したのは私が三歳の時でした。母は義眼となった娘の私を抱いたまま心中も考えたようですが、当の私は別段そのことを気に病むこともありませんでした。小学校四年の時、空手師範だった父の影響で空手を習い始めると、他の道場へも出稽古に行くほどのめり込み国際武道大学に進学して世界大会にも出場を果たしました。
 ところが大学三年を迎えたある日、なんとなしに観戦したプロレスに私はすっかり魅了され、プロレスラーになりたいという思いが抑えられなくなってしまったのです。空手家として将来を期待していた父からは「みっともない。頼むからやめてくれ」と反対されたものの私の決意は変わらず、すぐにオーディションを受けました。厳しい実技試験を終え、手応えを感じていた私でしたが、審査員の長与千種さんに声を掛けられました。
「ごめんね、傷つく言い方をするかもしれないけど、その目はどうしたの? 空手をやっていたそうだけど、プロレスはぶつかって初めて成るスポーツだから」「大丈夫です。私、リングで死んでもいいと思ってますから」「あなたはそれでいいと思うんだ。でも対戦した相手はどうなるかな」。優しい言い方で、言われていることは十分分かっていました。私は返す言葉もなく、それでもやりたいと泣き喚くことしかできませんでした。
 一体どうすればプロレスラーになれるのだろう。なんとか別のオーディションを探し出してみたものの、やはり結果は同じ。いくら頑張っても目が悪いだけで弾かれてしまうのか……。悶々としていた時、偶然見つけたのがアニマル浜口さんのプロレスラー養成ジムでした。
 大学の講義を月火水にまとめて取ると、そのまま浅草のジムへ行って泊まり込みで練習。男子でさえ音を上げてしまう厳しいメニューを同じようにこなすことができたのは、プロレスラーになりたいという情熱以外の何ものでもありませんでした。
 一年前とは見違えるような体つきに変化した頃、ある出来事をきっかけに業界全体で門戸を広げることとなり、私もあっさりオーディションに合格することができたのです。
 ただ入団はしたものの、満足な仕事もできない私は怒られてばかり。そのうち誰にも話し掛けてもらえなくなり、マスクを外して素顔でリングに上がらされたり、頭を坊主に剃られ、見世物のようにされるなど惨めな思いを味わいました。
 もうやめてしまおう。あれほど憧れていたプロレスに終止符を打ち、家業を手伝っていた私の元へ、ある日一本の電話が掛かってきました。「あんた、まだプロレスやりたいでしょ。うちでやらない?」。電話の主は吉本女子プロレスのスター選手だったジャガー横田さん。将来この子が障がい者の方の希望になればという思いがあったそうで、未練のあった私は「お願いします」と返事をし、再デビューを果たすことができたのです。
 入団後も先輩方の温かい指導のおかげでTWF世界タッグ王者になり、各方面から試合のオファーもいただくようになりました。原因不明の血尿が出るようになったのはそんな頃のことです。ある日高熱に見舞われ、病院へ行くと集中治療室に入れさせられ、緊急入院の指示を受けました。「急速進行性糸球体腎炎」という腎臓病で、治療は安静が原則。運動は禁止でプロレスなどは論外です。その上厳しい食事制限も課され、こんな状態が一生続くのかと思うと絶望的な気持ちになりました。
 そんな時お見舞いに来てくださったのが、ジャガーさんと、ご主人で医師の木下博勝先生でした。先生は私に病名を尋ねられ、「なんだ。その病気だったら、時間はかかるかもしれないけど、必ず治るよ。安心したよ」と言われました。あれ? それまで主治医や看護師からは薬の副作用で骨粗鬆症になるなどと説明を受けてきたため、不思議な気もしましたが、それならば頑張ろうと気持ちを入れ直しました。そして密かにリング復帰の決意をし、歩行訓練から始めて筋トレのメニューを少しずつ増やしていきながら、その日を迎える準備を行いました。
 二〇〇八年、約二年ぶりとなる復帰戦の舞台を用意してくださったのは、ジャガーさんと先輩のライオネス飛鳥さんでした。あれほど強く望んでいた復帰戦もいざリングを前にすると、まさか本当にこの日が来るとは、と込み上げてくるものを抑えることができませんでした。
 無事試合を終えた夜、私は真っ先にジャガーさんと木下先生にお礼を言いに行きました。「先生のあの時の言葉が凄く励みになったんです」「いやぁ、実は病名を聞いた時、復帰できると思ってなかったんだよ。可能性はゼロだと思ってたんだ」
 世の中には不可能を可能にする力が存在すると私は思います。一つには固い決意と粘り強さ。プロレスラーになれなくて悩んでいた時も、私は必死にもがいて行動し、絶対になるんだとしか考えていなかった。入院生活中に復帰を決意した時もそう。
 そして不可能を可能に変えるもう一つの力は、周りにいる人がどんな言葉を与えるかではないでしょうか。苦しい時を経ていまも憧れのリングに立たせていただいていることの幸せを嚙み締めながら、私もいつかジャガーさんや木下先生のように、困っている誰かに手を差し延べることのできる存在になれたらと願っています。

◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

「人間力.com」は月刊誌『致知』より引用しています。

『致知』には毎号、心の琴線に触れる記事が満載です。
まだお読みでない方は、こちらからごお申し込みください。

「致知」購読の申し込みはこちら

毎月858円で、人間力が高まります。
 ※お気軽に 1年購読
 10,300円 (1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな 3年購読 
 27,800円 (1冊あたり772円/税・送料込み)
◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

毎日 配信中!「人間力メルマガ」

人間学を学ぶ「致知」のエッセンスをギュッと凝縮 読者数47,000人!!

特典1仕事や人生に役立つ記事が無料で読める!

特典2メルマガ会員限定のプレゼント企画もあり

特典3朝礼でのスピーチネタとして使える!

メルマガ配信の登録はこちら

携帯電話やスマートフォンのメールアドレスで登録をされる方は、「@chichi.co.jp」からのメールの受信ができるよう設定してください。 >設定方法はこちら

※ご登録前にお読みください。 読者登録規約 個人情報保護ポリシー ※解除はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする