水五訓

水五訓

中條高徳(アサヒビール名誉顧問)

      

(『致知』2006年9月号 連載「巻頭の言葉」より)

人類にとってかけがえのない大切な水だけに、
水に関する教訓がたくさんある。
      (略)
■水の五訓(※印筆者註)

 一、自ら活動して他を動かしむるは「水」なり。
             **
 ※水は百年、千年流れて峡谷を刻み、千丈の滝をつくる。
  洪水、大雨は、文明の利器たる新幹線もストップさせ、
  家屋まで押し流す。水の力は、人の力をはるかに超える。

 二、常に己れの進路を求めてやまざるは「水」なり。
             **
 ※水は必ず低きを選び、低きにつく。
  より低い己れの道を求めてやまない。
  限りない「謙虚さ」を示す。

 三、障害にあって、激しく
   その勢力を百倍しうるは「水」なり。
             **
   ※流れる水を止め貯水し、一気に流し、
    発電し百倍千倍の力とした。
    富山で発電所を造る時、水が百倍の力の電力に
    化ける理の判らない住民たちの強い反対が
    あったと聞いたことがある。
   
 四、自ら潔く、他の汚濁を洗い、
   清濁併せ入る度量あるは「水」なり。
            **
   ※清らかな水も、濁れる水もなんの文句も云わずに
    ただ流れるままの姿は、与えた恩は水に流し、
    受けた恩は石に刻むべしと説いているようだ。

 五、洋々として大海を満たし、発しては霧となす。
   雨雪を変じ霰と化す。
   凍っては玲瓏たる鏡となり、
   しかもその性を失わざるは「水」なり。
             **
   ※さまざまな水の態様は、人生を達観せよと
   語っているようでもあり、無言にして
   人生の輪廻を説いているようでもある。
   
   その性を失いはしないが、
   「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」
   (『方丈記』)の如く、水は時の移ろいをも語る。

 ここまで水からの学びを進めてくると、
 安岡正篤先生の説く考察の三原則、

 一、目先にとらわれず長い目で見る

 二、一面的に見ないで多面的、全面的に観察

 三、枝葉末節にこだわることなく根本的に考察する

 は、この水の五訓から導き出された
 みずみずしいお教えと把えるのは穿(うが)ちすぎだろうか。
◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

「人間力.com」は月刊誌『致知』より引用しています。

『致知』には毎号、心の琴線に触れる記事が満載です。
まだお読みでない方は、こちらからごお申し込みください。

「致知」購読の申し込みはこちら

毎月858円で、人間力が高まります。
 ※お気軽に 1年購読
 10,300円 (1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな 3年購読 
 27,800円 (1冊あたり772円/税・送料込み)
◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

毎日 配信中!「人間力メルマガ」

人間学を学ぶ「致知」のエッセンスをギュッと凝縮 読者数47,000人!!

特典1仕事や人生に役立つ記事が無料で読める!

特典2メルマガ会員限定のプレゼント企画もあり

特典3朝礼でのスピーチネタとして使える!

メルマガ配信の登録はこちら

携帯電話やスマートフォンのメールアドレスで登録をされる方は、「@chichi.co.jp」からのメールの受信ができるよう設定してください。 >設定方法はこちら

※ご登録前にお読みください。 読者登録規約 個人情報保護ポリシー ※解除はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする