顔と運と人生の法則

顔と運と人生の法則

藤木相元(嘉祥流観相学会導主)

      

(『致知』2004年12月号 特集テーマ「徳をつくる」より)

 人生は運であり、運は顔が支配し、
 顔は脳が育てる――。
 
 達磨大師が説いたこの「観相学」を研究して、
 もう六十年近くになります。
 
 多くの徳人や悪人、成功者たちの顔を見てきて、
 私はようやく最近大師の教えに
 ゆるぎない確信を持つようになりました。

 人は誰でも、表と裏の面を併せ持っています。
 日のあたらないところにこそ多くのドラマがあり、
 味がある。
 
 それが如実に表れるのが、顔なのです。

     (中略)

 達磨大師(だるまたいし)は、

「肉体は脳の影、現象は心の所見」

 といっています。
 
 脳には「脳相」があり、
 これが「顔相」になって現れるのです。

 これを受けて嘉祥大師は、

「人生を左右するものは『運』であり、
その運を支配するのは顔である。

そしてその顔を作り上げるのは『脳』である」

 という理論を打ち立てました。
 
 現在、私の主宰する「嘉祥流観相学」は、
 この理論を基に脳と顔と運の因果関係を科学的に解明し、
 観相学を占いのような統計学ではなく、
 自然科学の学問として方程式化したものなのです。

 人の顔や体は、遺伝子によって土台が作られますが、
 脳はおよそ二十年かけて完成します。
 
 その人物がどういう環境に育ったか、
 どういうことを学んだか、どういうことを考えたかによって、
 およそ二十年かけて相を形成し、
 これが顔相に影響を与えるのです。

 例えば、小さい頃から
 「聞こう、聞こう」と脳が意識する機会が多いと、
 耳の血流が増え、次第に耳が大きくなっていきます。
 
 地獄耳といわれた松下さんの耳は当然大きかったし、
 幼少期に「人質に出されるのでは」と
 おびえていた徳川家康の耳が大きかったのも、
 大人の話に耳をそば立てていたからといえます。

 自己主張が必要な環境に置かれ続ければ、
 多く言葉を発しようとして口が発達します。
 
 勉強や仕事など、何かに一所懸命打ち込むと、
 前頭葉が活性化しエネルギーが発生するので、
 額に汗をかき毛根にダメージを与え、
 結果、額が広くなります。
 
 目や鼻、眉の細部に至るまで、
 脳の指令が働いていないところはありません。
 
 つまり顔を見れば、その人物のルーツから
 性格や育った環境、それまでの歩み、
 そして今後の運など、すべてがわかるのです。

     ☆  ☆

 私は松下さんをはじめ、井深さんや本田宗一郎さんなど、
 日本を世界に名立たる経済大国にまで成長させた
 多くの偉大な人たちの表の顔や横顔、
 裏の顔に至るまでを垣間見てきました。
 
 顔のプロとして見るならば、
 彼らの顔は、大きく二種に分類できます。

 一つは「牛顔」です。
 
 えらがクッと張り顎が発達した四角い顔。
 松下さんも井深さんも、この類に属します。

 そしてもう一つが「馬顔」。
 
 小泉純一郎首相やアメリカのブッシュ大統領のように、
 えらが発達していない顔です。
 
 このタイプは、論理的で、イデオロギーを盾に
 ガンガン前に突き進んでいきますが、
 気がつくと誰もついてきていない、
 ということが間々あります。
 
 参謀なら大成功を収めますが、
 リーダーになるとさまざまな問題が生じてしまいます。

 また私は常々、
 「お嫁さんにするならえらの張った女性」といいます。
 
 強い意志を持って男を支え、
 ときに叱咤激励しながら男の心を燃え上がらせる
 「はげまし顔」の女性。
 
 人の心をつかみ、勇気や希望を与える、
 いわゆる人徳者は、多くが牛顔をしているのです。 

◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

「人間力.com」は月刊誌『致知』より引用しています。

『致知』には毎号、心の琴線に触れる記事が満載です。
まだお読みでない方は、こちらからごお申し込みください。

「致知」購読の申し込みはこちら

毎月858円で、人間力が高まります。
 ※お気軽に 1年購読
 10,300円 (1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな 3年購読 
 27,800円 (1冊あたり772円/税・送料込み)
◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

毎日 配信中!「人間力メルマガ」

人間学を学ぶ「致知」のエッセンスをギュッと凝縮 読者数47,000人!!

特典1仕事や人生に役立つ記事が無料で読める!

特典2メルマガ会員限定のプレゼント企画もあり

特典3朝礼でのスピーチネタとして使える!

メルマガ配信の登録はこちら

携帯電話やスマートフォンのメールアドレスで登録をされる方は、「@chichi.co.jp」からのメールの受信ができるよう設定してください。 >設定方法はこちら

※ご登録前にお読みください。 読者登録規約 個人情報保護ポリシー ※解除はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする