愚かさは力なり

愚かさは力なり

平澤興(京都大学元総長)

      

(『致知』1985年12月号より)

生きるとは、情熱をもって燃えることだと思います。
燃える心を忘れているような生き方は、
気の毒な生き方ではないでしょうか。

(インタビュアー:
 “人を燃やし、喜びを与えていくことが最高の生き方であります”
 と先生は言っておられる)

だろうと思います。
しかし、なかなか、こちらの気持ちが
そのまま通るというのは、いつでもではないな。
やはり、それだけのものがお互いにないとね。

それと、賢いと燃ゆることができないですね。
燃ゆるためには愚かさがいる。
愚かさは力です。

(インタビュアー:愚かさは力ですか)

それは、私は40年間、大学にいて、そう思います。

だから、優等生もいいけどね。
優等生のやり得る仕事は大抵、型が決まっている。
本当に世の中に大きな光を与えるのは、
必ずしも、いわゆる優等生だけではない。

部長とか課長とか、そんなところに
さっとなるのは優等生が多いようですが、
日本の将来に大きな変化を与えて、
自ら進むべき道を断固として守っていくというようなのは、
むしろ優等生でない方に多いくらいです。

だから、やっぱり、ある意味では愚かさね。
損とか得なんていうことは考えないで、ひたむきに行く人ですね。

(インタビュアー:
 そういえば、器用な人ではだめだといわれていますね)

あぁ、これは本当にそうです。

私の友達の青柳安誠。
京大の外科部医で、外科では日本一の人です。
この人がいってましたが、
仕事は祈りである、と。
執刀する瞬間、祈るんですね。

最善を尽くすだけじゃ、まだ足らないんで、
どうぞ、この手術がうまくいきますようにと、祈る。
これはやっぱり、すごいと思います。

この男が、
「器用な人では外科の名人にはなれん」といっていました。

それはね、いろんな外科の方式がある。
長い歴史を通してね。
人によっては、血管の走り方が違ったり、
神経の走り方が違ったりしている人がある。

そういう場合までも考えて、
間違いを起こさないようにというのが、
長い伝統の手術だそうです。

ところが、器用な人がやるとね、目先だけでさっとやる。

一見誠に器用だが、時に思わぬ間違いを起こす。
何分間で盲腸の手術をしたなんていうのは、
これは愚かなことで、そういう医者は
もう本当の意味で一人前の医者ではないと思う。

誰がやってもできるようなことにも、
なお祈りをこめて、
百やれば百、絶対に間違いを起こさんという、
これが真の名人だ、と。

私もそうだと思います。

新聞、雑誌などをみてると、
世の中は悪人ばかりのような気がするが、
にもかかわらず、世の中が何となしに前へ行ってるのは、
世間でいうほどは悪人ばかりでなく、
いい人が案外多いということじゃないかと思ったりしています。

普通、みえないところで、
いいことをしている人が多いのですね。

だから、社会はいわゆる有名人に支えられておるよりも、
むしろそういう人たちに支えられておるのではないでしょうか。

◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

「人間力.com」は月刊誌『致知』より引用しています。

『致知』には毎号、心の琴線に触れる記事が満載です。
まだお読みでない方は、こちらからごお申し込みください。

「致知」購読の申し込みはこちら

毎月858円で、人間力が高まります。
 ※お気軽に 1年購読
 10,300円 (1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな 3年購読 
 27,800円 (1冊あたり772円/税・送料込み)
◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

毎日 配信中!「人間力メルマガ」

人間学を学ぶ「致知」のエッセンスをギュッと凝縮 読者数47,000人!!

特典1仕事や人生に役立つ記事が無料で読める!

特典2メルマガ会員限定のプレゼント企画もあり

特典3朝礼でのスピーチネタとして使える!

メルマガ配信の登録はこちら

携帯電話やスマートフォンのメールアドレスで登録をされる方は、「@chichi.co.jp」からのメールの受信ができるよう設定してください。 >設定方法はこちら

※ご登録前にお読みください。 読者登録規約 個人情報保護ポリシー ※解除はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする