儲かっていない会社の共通点

儲かっていない会社の共通点

永守重信(日本電産社長)

 

(『致知』2011年10月号 特集「人物を創る」より)

 

儲かっていない会社にはいくつか共通点があるのです。
一つは社員の士気が落ちています。

原因をそこの経営者に聞くと、我が社は労働組合が強くてと
いうふうに言い訳をするけれども、私に言わせたら
八十%は経営者の責任です。

経営者がしっかりやっていたら労働組合は強くならないと。
きちんと払うものを払っていないし、
職場環境も悪いから労働組合が強くなっているのです。

それから、会社の士気が落ちていると当然工場は汚いですよ。
事務所も汚い。電話の応対がいいかげん。
マナーがなっていない。
つまり6Sができていないのです。

整理、整頓、清潔、清掃、作法、躾の六つのSのことを
我々は6Sと呼んでいるのです。

例えば、ダメな会社に限って便所掃除の人を雇っています。
私は全員辞めさせて他の仕事に回すのです。
社員がやらないとダメですよ。

掃除の人がやってくれると思うから汚すわけで、
自分たちが掃除すれば気をつけて使うのです。
私も自分で使った便所は全部自分で掃除していますし、
新入社員にも一年間便所掃除をさせています。

いまは有名になりましたが、
昔はこんなことをさせるのかと言って
一日で辞める人もいました。
そんな人であれば当社には必要ありません。
便所掃除もできなかったらどうにもならないですよ。

会社が汚いと、ものを粗末にして
あちこちに部品が落ちたままになります。
それからすぐ休むようになるのです。

今日はしんどいとか。
有給休暇を消化してなお休むから、
出勤率が九十%を割ってきます。

ということは、二十人でものをつくるラインがあったら、
いつも二十二人置いておかなければならなくなる。
余分に人を採用しなければならなくて生産性が落ちるわけです。

出勤時間にしても、八時半始業だったら、
ギリギリの八時二十九分に会社に駆け込んでくる。
一応セーフだけれども、そこからロッカーへ行って
着替えてから機械に電源を入れる。

冬だったら十分から二十分くらい慣らし運転をしないと
機械の精度が出ませんから、
結局仕事が始まるのは九時になってしまう。

帰りは逆に、終業の三十分前にはもう引き揚げ始めている。
朝夕合わせて一時間のロスです。

それを時間いっぱい働くようにするだけで、
十%の赤字が黒字になるのです。

また、儲かっていない会社はだいたい購買が
接待を受けてものを高く買っていますから、
それを妥当な値段に戻せばさらに十%黒字になる。

ですから、私がこれまで買収した会社で
二年目に最高益になっていない会社はないのです。
一番早かったのは日立製作所から譲ってもらった
日本サーボ(現・日本電産サーボ)で、
十一か月で創業六十五年来の最高益になりました。

社長も社員も元のまま。
新製品だってすぐに出るわけがないから何も変わっていない。
それであっという間に最高益です。

◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

「人間力.com」は月刊誌『致知』より引用しています。

『致知』には毎号、心の琴線に触れる記事が満載です。
まだお読みでない方は、こちらからごお申し込みください。

「致知」購読の申し込みはこちら

毎月858円で、人間力が高まります。
 ※お気軽に 1年購読
 10,300円 (1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな 3年購読 
 27,800円 (1冊あたり772円/税・送料込み)
◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

毎日 配信中!「人間力メルマガ」

人間学を学ぶ「致知」のエッセンスをギュッと凝縮 読者数47,000人!!

特典1仕事や人生に役立つ記事が無料で読める!

特典2メルマガ会員限定のプレゼント企画もあり

特典3朝礼でのスピーチネタとして使える!

メルマガ配信の登録はこちら

携帯電話やスマートフォンのメールアドレスで登録をされる方は、「@chichi.co.jp」からのメールの受信ができるよう設定してください。 >設定方法はこちら

※ご登録前にお読みください。 読者登録規約 個人情報保護ポリシー ※解除はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする