「福澤諭吉・3つの教訓」

「福澤諭吉・3つの教訓」

森村設計会長・森村武雄氏

 

(致知』2008年11月号北里一郎氏(明治製菓最高顧問)との対談記事より)

◆語り手は、森村武雄さんです

福澤諭吉先生には、祖父の市左衛門も
いろいろなことでお世話になっていますし、
影響を受けています。

例えば、市左衛門は、なんとか慶應義塾に入って
学問がしたかったけれども、商売が忙しくて
どうしてもその思いを遂げることができませんでした。

そのことを福澤先生にお話しした時に、
先生はいたく同情してくださって、
こんこんと慰められながら与えてくださった教訓がありました。

次の三つです。

一、箸の上げ下げにも注意せよ

二、一度悪いことをしたら、一度地獄に行く。

三、役人などと結託して商売するな

一の教訓は、世の中に処していくには
時事物々について注意しなくてはならない。
些細なことであっても呆然としていてはならない。

朝晩の箸の上げ下げにも注意を払うというくらいでおれば、
間違いを生じないばかりか、
ますます人間も向上していくものだ、という教えです。

二については、品行について非常に厳格な意見を
持っておられた福澤先生ならではの教訓で、
これは、意志堅固でなくてはならないことと、
自尊心を奮起させる金言です。

三は、独立自尊の精神を説く教訓です。
とにかく人が世に立つにはどうしても独立の気概を持ち、
他人の世話にならない覚悟でなくてはならないということです。

この教訓の影響で、森村の人間は
お役人や政治家に頼ろうという依存心がなく、
非常に独立心に富んでいます。

◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

「人間力.com」は月刊誌『致知』より引用しています。

『致知』には毎号、心の琴線に触れる記事が満載です。
まだお読みでない方は、こちらからごお申し込みください。

「致知」購読の申し込みはこちら

毎月858円で、人間力が高まります。
 ※お気軽に 1年購読
 10,300円 (1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな 3年購読 
 27,800円 (1冊あたり772円/税・送料込み)
◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

毎日 配信中!「人間力メルマガ」

人間学を学ぶ「致知」のエッセンスをギュッと凝縮 読者数47,000人!!

特典1仕事や人生に役立つ記事が無料で読める!

特典2メルマガ会員限定のプレゼント企画もあり

特典3朝礼でのスピーチネタとして使える!

メルマガ配信の登録はこちら

携帯電話やスマートフォンのメールアドレスで登録をされる方は、「@chichi.co.jp」からのメールの受信ができるよう設定してください。 >設定方法はこちら

※ご登録前にお読みください。 読者登録規約 個人情報保護ポリシー ※解除はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする