戦の見通しを立てるための五つの条件

戦の見通しを立てるための五つの条件

越智直正(タビオ会長)

      

(『致知』2011年10月号 特集「人物を創る」より)

どんな立派な知識でも実践で使えないと
意味がないですからね。
だから僕は使えない勉強は一切しない。

『孫子』が一番効いたのは独立した時です。

丁稚奉公十年で暖簾分けの約束でしたが、
既に十三年が過ぎていました。
大将の弟さんが店を出すというので、僕が計画書をつくったんです。

それを弟さんに説明する時、彼が「越智君は独立を望んでいたな」と。
「はい。十年で暖簾分けのお約束でしたが、十三年になりました。
 一所懸命やりますので、あと五年くらいでどうでしょうか」
と答えたら、「待っていろ」と言って部屋を出て行きました。

すると、大将がものすごい剣幕で怒鳴り込んできました。

「おまえ、恩を仇で返す気か。
 弟はおまえが頼りで独立するのに、
 抜けたら会社が傾くだろう。それを乗っ取る気か」

と言うんです。説明しようにも聞く耳を持ってもらえない。
 それで「いますぐ出て行け」と。

ついては、僕と親しかった部下二人も一緒に連れて行けと言う。
もう、慌てましたよ。独立の準備なんて何もしていませんから。

退職金なし、預金は十三万円、
そのうえ部下二人の面倒も見なければならない。

こんなムチャなことがあるのかと混乱していた時、
『孫子』の一節がバーンと聞こえてきた。

「故に、これを経(はか)るに五事を以てし、
 これを校(くら)ぶるに計を以てして、
 その情を索(もと)む。

  一に曰く、道。
 
  二に曰く、天。
 
  三に曰く、地。
 
  四に曰く、将。
 
  五に曰く、法」

(戦の見通しを立てるために、五つの条件について
 比較検討しなければならない。

  一つ目は道、
  二つ目は天、
  三つ目は地、
  四つ目は将、
  五つ目は法である)

 道とは道理、大義名分。

 天は時。

 地は場所、

 将はリーダー。

 法とは組織運営のためのルールや資金のことです。

 僕には独立する道理があるし、
 まさにいまそのタイミングですよね。
 場所はどこでも好きなところで始めればいいんだし、
 将たる自分は仲間がついていくと信頼してくれているじゃないか。

 ないのは、お金だけ。
 五事のうちほとんど揃っているじゃないか。
 それならいける、と思った。これは大きかったですね。

◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

「人間力.com」は月刊誌『致知』より引用しています。

『致知』には毎号、心の琴線に触れる記事が満載です。
まだお読みでない方は、こちらからごお申し込みください。

「致知」購読の申し込みはこちら

毎月858円で、人間力が高まります。
 ※お気軽に 1年購読
 10,300円 (1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな 3年購読 
 27,800円 (1冊あたり772円/税・送料込み)
◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫◫

毎日 配信中!「人間力メルマガ」

人間学を学ぶ「致知」のエッセンスをギュッと凝縮 読者数47,000人!!

特典1仕事や人生に役立つ記事が無料で読める!

特典2メルマガ会員限定のプレゼント企画もあり

特典3朝礼でのスピーチネタとして使える!

メルマガ配信の登録はこちら

携帯電話やスマートフォンのメールアドレスで登録をされる方は、「@chichi.co.jp」からのメールの受信ができるよう設定してください。 >設定方法はこちら

※ご登録前にお読みください。 読者登録規約 個人情報保護ポリシー ※解除はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする