RSS FEED
※キーワードでサイト内の記事が検索できます

もう駄目だ そこから本当の人生が始まる

梶山祐司(元競輪選手)        『致知』2013年8月号「致知随想」より 二年前、私は通算三十四年に及ぶ競輪選手生活にピリオドを打ちました。 もともと運動神経がよいほうではなく、 走るのも速くはなかった私にとり、 …

⇒ 続きを読む

イチロー選手の目標設定術

奥村幸治(NPO法人ベースボールスピリッツ理事長、宝塚ボーイズ監督)        『致知』2010年6月号「致知随想」より オリックスで打撃投手を務めていた頃、不調に陥った選手に 「投げましょうか?」 と声を掛けると、…

⇒ 続きを読む

内なる自分との信頼関係を築く

河原成美(力の源カンパニー社長)        『致知』2012年5月号連載「二十代をどう生きるか」より) 会社をクビになり、親にも半ば諦められ、 自分が生きる道を模索し始めた。 いくつかの仕事を転々とする中で、 兄の友…

⇒ 続きを読む

「プロ宣言」をした真意

竹内洋岳(プロ登山家)        『致知』2013年6月号特集「一灯照隅」より)  2006年、私はプロ宣言をしました。  記者会見を開き、8000㍍峰十四座を  すべて登り切ることを宣言したのです。  発表前に思っ…

⇒ 続きを読む

「日本のウォルマート」と呼ばれる企業の原点。

伊藤喜美(バロー相談役名誉会長)        『致知』2013年5月号特集「知好楽」より) 記者 会長が考える人を育てる要諦とはなんでしょうか。 伊藤 他社と比べてうちの社員は躾がダントツに行き届いていると思います。 …

⇒ 続きを読む

山中伸弥教授(ノーベル賞受賞者)から利根川進教授への質問

山中伸弥(ノーベル賞受賞者・京都大学iPS細胞研究所所長) 臨床だったら予想外のことが起こると、 こりゃもういかんとなりますが、 研究ではそうやって予想外の結果を楽しめることが 大事だと考えています。 それにしても、僕の…

⇒ 続きを読む

京セラ創業期秘話 ~前篇~

稲盛和夫(京セラ・日本航空名誉会長)   (『人生と経営』より) 創業して3年目(昭和36年)の5月、 会社は順調に発展していたが、私は自分の考えを 根底から覆されるような事件に遭遇した。 研究者として、自分の開発したフ…

⇒ 続きを読む

京セラ創業期秘話 ~後篇~

稲盛和夫(京セラ・日本航空名誉会長)   (『人生と経営』より) (前編より) 「約束はできないが、私は必ず君たちのためになるように  全力を尽くすつもりだ。  この私の言葉を信じてやってみないか。  今会社を辞めるとい…

⇒ 続きを読む

 エジソンへの質問「どうすれば成功できますか?」

浜田和幸(国際未来科学研究所代表)   (『致知』2004月7月号 より)   1914年12月、エジソンが67歳のときのことです。 災難が彼を襲います。 ウエスト・オレンジにあった研究施設が火事になってしまったのです。…

⇒ 続きを読む

介護旅行で深まる絆

篠塚千弘(SPI あ・える倶楽部社長)   (『致知』2011月12月号 より)   寝たきり、持病、車いす……。 体に様々な不安を抱える方々の夢を 我われトラベルヘルパーが叶えます。 皆様はあまり馴染みがないかもしれま…

⇒ 続きを読む



< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >


メルマガ配信の登録はこちら

携帯電話やスマートフォンのメールアドレスで登録をされる方は、「@chichi.co.jp」からのメールの受信ができるよう設定してください。 >設定方法はこちら

※ご登録前にお読みください。 読者登録規約 個人情報保護ポリシー ※解除はこちら