RSS FEED
※キーワードでサイト内の記事が検索できます

営業マンの鉄則15か条

林薫(ハヤシ人材教育研究所所長)        (『致知』2003年4月号 特集「人間力を養う」より) 私が長年歩んできた営業生活の中で特に注意し、 努力しなければならないと思うことが15項目あるので、 ご紹介させていた…

⇒ 続きを読む

信じる通りになるのが人生である

永守重信氏(日本電産社長)        (『致知』1999年7月号 特集「切に思うことは必ずとぐるなり」より) (事業を発展することができた理由を聞かれて) 信じる通りになるのが人生であるということですね。 僕はこの言…

⇒ 続きを読む

ストレスに負けない三つの感覚

松崎一葉(筑波大学大学院医学系・教授)        (『致知』2009年3月号 特集「賜生(しせい)」より) 同じような環境で、同じような仕事内容で働いていても、 病気になる人とならない人がいます。それはなぜでしょうか…

⇒ 続きを読む

現代人には2つのタイプがある

宮脇昭(横浜国立大学名誉教授)        (『致知』2004年11月号 特集「喜怒哀楽の人間学」より) 師を選ぶとは非常に大切なことでしてね。 2年半の留学生活の中で、 一度だけチュクセン教授(ドイツ国立植生図研究所…

⇒ 続きを読む

成功する人の12カ条、失敗する人の12カ条

樋口武男(大和ハウス工業会長・CEO)        (『致知』2007年12月号 特集「喜びの種をまく」より) 立ち上がったばかりの山口支店長に命じられたのは、 昭和49年、36歳の時でした。 着任するとすぐに70人の…

⇒ 続きを読む

経営者は“智の勤行”をせよ

丹羽宇一郎(伊藤忠商事社長)        (『致知』2002年9月号 特集「心耳を澄ます」より) 物事を経営者が判断する時に、 私の場合は牛の胃のように、 何度も考えを反復、熟成をさせるんですね。 それは本当に正しいの…

⇒ 続きを読む

事業に失敗するこつ十二か条

菅原勇継(玉子屋社長)        (『致知』2002年12月号 特集「なぜ哲学が必要なのか」より) (記者:社長室に掲げられている「事業に失敗するこつ12か条」。  これは実にユニークですね) (腎臓がんから)退院し…

⇒ 続きを読む

将棋で(ほぼ)100%勝てる方法

米長邦雄(日本将棋連盟会長・永世棋聖)        (『致知』2008年5月号 特集「工夫用力」より) 将棋は、相手が誰であっても、 たとえコンピュータであっても、 自分が悪手を指さなかったら必ず勝てるゲームです。 で…

⇒ 続きを読む

能力の差は5倍、意識の差は100倍

永守重信(日本電産社長)        (『致知』1999年7月号 特集「切に思うことは必ずとぐるなり」より) (※年中無休ということですが、一日のサイクルは   どういう日課ですか? の質問に) だいたい朝は5時50分…

⇒ 続きを読む

『ローマ人の物語』に学ぶリーダーの条件

塩野七生(作家)        (『致知』2008年2月号特集 「将の条件」より) 息子の高校の教科書に リーダーに必要な資質として、 「知力」 「説得力」 「肉体的耐久力」 「持続する意志」 「自己制御」 と載っていま…

⇒ 続きを読む



< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >