RSS FEED
※キーワードでサイト内の記事が検索できます

森繁久彌さんからの質問

森繁久彌(俳優)   (『致知』2001年7月号 特集テーマ「涙を流す」より) 私が卒業した大阪の北野中学校から以前、 講演に来てくれって言われたの。 講演する材料がないんで、じーっと汽車に乗りながら 考えてたんです。 …

⇒ 続きを読む

運命を変えた女性教師との出会い

碇浩一(精神科医、元福岡教育大学教授)   (『致知』2011年6月号 特集「新生」より) (11歳の時)腎臓の摘出手術を終えてしばらくすると、  高松に国立結核療養所ができましてね。    結核の子の就学援助を行う教室…

⇒ 続きを読む

久保田カヨ子式 いい子を育てる法則

久保田カヨ子(脳研工房代表取締役)    (『致知』2009年8月号 連載「感奮興起」より)   【記者:脳の発達に着目した乳幼児教育に取り組まれたきっかけは?】 自分の子供をよく育てたいからですよ。 親っていうのはそう…

⇒ 続きを読む

記憶術のすすめ

友寄英哲(ともより・ひであき 円周率暗唱の元ギネス記録保持者)    (『致知』2006年4月号 「致知随想」より)    私の脳はごく普通だと思います。  特に暗記が得意だったということもありません。    子どもの頃…

⇒ 続きを読む

あなたの一だけをひたすら書きなさい

ひろはまかずとし(言の葉墨彩画家)   (『致知』2003年10月号特集「人生を支えた言葉」より)    実は私は、子どもの頃から字が下手でした。  普段書く字はもちろん、書道も絵も、  通知表の評価ではいつも1か2でし…

⇒ 続きを読む

「5打席連続敬遠秘話」

山下智茂(星稜高校野球部監督)   (『致知』2004年5月号) (高校時代の松井秀喜選手はいかがでしたか?) いまでも忘れられないのが、入学した日、 「おめでとう」と言って握手した時のことです。 手が象の皮膚のように硬…

⇒ 続きを読む

「親父の小言」

青田暁知(大聖寺住職)   (『致知』2003年10月号) 「親父の小言」をご存じでしょうか。 ご存じない方でも、 「火は粗末にするな」「朝きげんよくしろ」 「神仏をよく拝ませ」「人には腹を立てるな」 「人に馬鹿にされて…

⇒ 続きを読む

「甲子園春夏連覇/興南高校の1分間スピーチ」

我喜屋優(興南高校硬式野球部監督)   (『致知』2010年12月号) このままこの子たちを世の中に出してもダメだと。 26年間、甲子園に出ていない理由もよく分かった。 だって、寝ないんだもん。起きないんだもん。 食べな…

⇒ 続きを読む

「負けてたまるかと静かに自分に言いなさい」

松平康隆(全日本バレーボール協会名誉会長)   (『致知』2009年10月号 特集「人を植える道」より) やっぱり私の一番根源的な思いは 「負けてたまるか」ですね。 これは母の教えでもあるんです。 私の母は娘盛りの16歳…

⇒ 続きを読む

「“こだまでしょうか”に込められた思い」

矢崎節夫(金子みすゞ記念館館長)   (『致知』2011年7月号「金子みすゞの詩を読む」より)  「遊ぼう」っていうと  「遊ぼう」っていう。  「馬鹿」っていうと  「馬鹿」っていう。  「もう遊ばない」っていうと  …

⇒ 続きを読む



< 1 2 3 4 5 6 7 >


メルマガ配信の登録はこちら

携帯電話やスマートフォンのメールアドレスで登録をされる方は、「@chichi.co.jp」からのメールの受信ができるよう設定してください。 >設定方法はこちら

※ご登録前にお読みください。 読者登録規約 個人情報保護ポリシー ※解除はこちら