RSS FEED
※キーワードでサイト内の記事が検索できます

防災のプロが説いた“避難三原則”

片田敏孝(群馬大学大学院教授)        (『致知』2011年8月号 特集「リーダーの器量」より) 釜石市内の小中学校での防災教育で、 特に重きを置いたのが“自然に向かい合う姿勢”を 子供たちに与えるということである…

⇒ 続きを読む

松下幸之助「汗のなかからホンマもんの知恵が出るんやで」

江口克彦(PHP研究所副社長)        (『致知』1997年5月号 特集「リーダーシップの本質」より) 松下幸之助の言葉に 「風が吹くときは絶好や。凧がよう上がる」 というのがあります。 あるいは「短所は長所、長所…

⇒ 続きを読む

二言(にげん)挨拶

太田誠(駒澤大学野球部元監督)        (『致知』2006年3月号「致知随想」) 私が駒澤大学野球部監督に就任して 間もない頃のことである。 大勢いる部員の中に、こいつはどこか 人と違う挨拶の仕方をするな、という選…

⇒ 続きを読む

会社がおかしくなる六つの要因

永守重信(日本電産社長)        (『致知』2011年10月号特集「人物を創る」より) (牛尾:日本電産本社の一階奥に設置しておられるプレハブ建屋は、  創業当時に作業場として使っていたものだそうですね) はい。あ…

⇒ 続きを読む

千房社長「パセリの教訓」

中井政嗣(千房社長)        (『致知』2007年10月号 特集「人生の大則」より) (義兄のレストランを手伝っていた若い頃) 一度ランチの時間にこんなことがありました。 エビフライをお客さんに出して、 まさにソー…

⇒ 続きを読む

ドラッカー7つの教訓(後編)

上田惇生(ものつくり大学教授)   (『致知』2003年12月号 特集「読書力」より) 世界のビジネス界に大きな影響を与えているドラッカーですが、 その思想形成に当たっては人生の中で 七回の精神的な節目が訪れたことを著書…

⇒ 続きを読む

ドラッカー7つの教訓(前編)

上田惇生(ものつくり大学教授)   (『致知』2003年12月号 特集「読書力」より) 世界のビジネス界に大きな影響を与えているドラッカーですが、 その思想形成に当たっては人生の中で 七回の精神的な節目が訪れたことを著書…

⇒ 続きを読む

ソニー創業者・盛田昭夫氏の言葉

比屋根毅氏(エーデルワイス会長)        (『致知』2009年7月号 連載「生命のメッセージ」より) 盛田昭夫さんとは一時、ある会社で、 僕が非常勤役員、盛田さんが顧問という関係でした。 一度ホテルのバーでかなり酔…

⇒ 続きを読む

デッドストックをゼロにするには?

森田直行(京セラコミュニケーションシステム社長)        (『致知』1997年5月号 特集「リーダーシップの本質」より) よく稲盛からは、 「お前のルールは論理的には正しい。  しかし、このルールでは人のやる気は出…

⇒ 続きを読む

心の中に佐渡島をつくれ

伊藤謙介(京セラ相談役)        (『致知』2011年11月号 特集「人生は心一つの置きどころ」より) 若い人ばかりでなく、自身の戒めとしても 拳拳服膺してきた言葉に、 「我一心なり」 というものがあります。 心を…

⇒ 続きを読む



< 1 2 3 4 5 6 7 >


メルマガ配信の登録はこちら

携帯電話やスマートフォンのメールアドレスで登録をされる方は、「@chichi.co.jp」からのメールの受信ができるよう設定してください。 >設定方法はこちら

※ご登録前にお読みください。 読者登録規約 個人情報保護ポリシー ※解除はこちら