RSS FEED
※キーワードでサイト内の記事が検索できます

森繁久彌さんからの質問

森繁久彌(俳優)   (『致知』2001年7月号 特集テーマ「涙を流す」より) 私が卒業した大阪の北野中学校から以前、 講演に来てくれって言われたの。 講演する材料がないんで、じーっと汽車に乗りながら 考えてたんです。 …

⇒ 続きを読む

運命を変えた女性教師との出会い

碇浩一(精神科医、元福岡教育大学教授)   (『致知』2011年6月号 特集「新生」より) (11歳の時)腎臓の摘出手術を終えてしばらくすると、  高松に国立結核療養所ができましてね。    結核の子の就学援助を行う教室…

⇒ 続きを読む

若者よ、君たちが生きるきょうという日は死んだ戦友たちが生きたかった未来だ

八杉康夫(戦艦大和語り部)   (『致知』2006年8月号 特集「人学ばざれば道を知らず」より)    大和の後部が白煙を上げているのが私にも分かりました。  なおも攻撃が続けられ、魚雷が的中した時は  震度5にも感じら…

⇒ 続きを読む

セントラル・パークの奇跡

横内祐一郎(フジゲン会長)   (『致知』2010年1月号 特集「人生信條」より)   (当時37歳だった横内祐一郎氏は、フジゲンの社長から  “ニューヨークで当社のギターを売ってきてくれ”と頼まれ、  一度も行ったこと…

⇒ 続きを読む

自分を待ってくれている人たち

佐伯輝子(寿町勤労者福祉協会診療所長、医学博士)    (『致知』2006年2月号より)   「五年も前から先生を探してるんですが、  一向に決まらなくて困ってるんです」 自宅の医院と市内の診療所を掛け持ちし、 多忙な日…

⇒ 続きを読む

心眼で聴く

萬木甚一良(近江聖人中江藤樹記念元館長)    (『致知』2005年3月号「致知随想」)    私は、平成二年、小学校校長を定年退職してから四年間、  郷土の先哲・中江藤樹の徳を顕彰して建てられた  「安曇川町立近江聖人…

⇒ 続きを読む

時間のものさし

林雄二郎(日本フィランソロピー協会顧問・トヨタ財団元専務理事)    (『致知』2008年11月号「致知随想」より)    時間を測るものさしは無数にある。  そのものさしを使って物事を考えることが大切だ――。  そのこ…

⇒ 続きを読む

世界の一パーセントになる方法

牧野克彦(ウィッシュ・アップ社長)    (『致知』2010年12月号「致知随想」より) 生命保険業界にいる人間の一つの大目標に 「MDRT入会基準達成」があります。 全世界の保険営業マンの、 毎年年間トップ一パーセント…

⇒ 続きを読む

記憶術のすすめ

友寄英哲(ともより・ひであき 円周率暗唱の元ギネス記録保持者)    (『致知』2006年4月号 「致知随想」より)    私の脳はごく普通だと思います。  特に暗記が得意だったということもありません。    子どもの頃…

⇒ 続きを読む

「運命を変えた女性教師との出会い」

碇浩一(精神科医、元福岡教育大学教授)   (『致知』2011年6月号 特集「新生」より)   (11歳の時)腎臓の摘出手術を終えてしばらくすると、  高松に国立結核療養所ができましてね。    結核の子の就学援助を行う…

⇒ 続きを読む



< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >


メルマガ配信の登録はこちら

携帯電話やスマートフォンのメールアドレスで登録をされる方は、「@chichi.co.jp」からのメールの受信ができるよう設定してください。 >設定方法はこちら

※ご登録前にお読みください。 読者登録規約 個人情報保護ポリシー ※解除はこちら