RSS FEED
※キーワードでサイト内の記事が検索できます

極限を通して見えてきたもの
   ~限界を超えた瞬間~

《対談》塩沼亮潤(慈眼寺住職)+栗城史多(登山家)        『致知』2013年4月号「渾身満力」より      修験道の中で最も過酷な行の一つとされる千日回峰行に挑み、      9年の歳月を経て見事満行を果たした…

⇒ 続きを読む

   がんの神様ありがとう
 ~10万回のありがとうが がんを消した~

村上和雄(筑波大学名誉教授)+長堀 優(育生会横浜病院院長)        (『致知』2016年2月号「一生一事一貫」より) 西洋医学中心の医学界にあって、目に見えない世界の大切さを説き続ける 育生会横浜病院院長の長堀優…

⇒ 続きを読む

超天文学的な確率で 一人の人間が生まれる

村上和雄(筑波大学名誉教授)        『致知』2015年12月号 特集「人間という奇跡を生きる」 私が遺伝子の研究をやっていて強く感じたことは、 DNAの暗号を書いたのは誰かということです。 DNAはA、T、C、G…

⇒ 続きを読む

忘れてはならない日本人の生き方

白駒妃登美(ことほぎ代表)        『致知』2015年11月号「遠慮-遠きを慮る」 日本と海外のいろいろな絆の話をしてほしい」と言われて、 よく取り上げるのが「エルトゥールル号の恩返し」の話です。 明治時代、トルコ…

⇒ 続きを読む

赤ちゃんには盲目の愛を

坂本フジエ(90歳の現役助産師)        『致知』2014年12月号「発想力」 ーー具体的にはお母さんはどうすればいいのでしょうか。  何も難しく考える必要はなくて、  赤ちゃんを抱いて抱いて、ひたすら抱きしめて、…

⇒ 続きを読む

14人の里子を育てた神父の戦争体験

後藤文雄(吉祥寺協会神父・NPO法人アマタック カンボジアと共に生きる会代表)        (『致知』2014年8月号「一刹那正念場」より) 一九二九年、私は新潟県長岡のお寺に 次男として生まれました。 小学六年生の時…

⇒ 続きを読む

あなたはここまで人を許せますか?

塩見志満子(のらねこ学かん代表)        (『致知』2014年7月号「自分の花を咲かせる」より) 愛媛県西条市に「のらねこ学かん」という 知的障碍者のための通所施設があります。 ここを自費で運営し、ハンディのある人…

⇒ 続きを読む

子供たちの命が教えてくれたこと

香葉村真由美(福岡市小学校教諭)        (『致知』2011年5月号「新たな地平を拓く」より) この年、受け持った一人にシュウがいます。 シュウは一年生から四年生まで辛いいじめに遭い、 五年生になると急に攻撃的にな…

⇒ 続きを読む

夫婦が仲良くいられる秘訣

ジョン・F・ディマティーニ(教育者)        (『致知』2014年5月号「焦点を定めて生きる」より)    オハイオ州で私が行った   「ブレイクスルー・エクスペリエンス」セミナーの話ですが、    一人の男性が感…

⇒ 続きを読む

「天は人の上に人をつくらず」はどこから生まれた言葉か

中村勝範(慶應義塾大学名誉教授)        (『致知』2011年4月号「先師先人に学ぶ」より) 私は自分の人生経験からか、 人と少し違うところに気づくんですけどね。 福澤諭吉が「天は人の上に人をつくらず」と言いました…

⇒ 続きを読む



1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >